ホーム > お知らせ > 第一次世界大戦100年記念「レクチャー第一次世界大戦を考える」

第一次世界大戦100年記念「レクチャー第一次世界大戦を考える」

2014年は、第一次世界大戦開戦から100年にあたる年です。

弊社から京都大学人文科学研究所の研究成果による「レクチャー 第一次世界大戦を考える」シリーズを刊行しています。 

※各書影はクリックすると拡大します。


「レクチャー 第一次世界大戦を考える」の刊行にあたって

 京都大学人文科学研究所の共同研究班「第一次世界大戦の総合的研究に向けて」は、2007年4月にスタートした。以降、開戦100周年にあたる2014年に最終的な成果を世に問うことを目標として、毎年20回前後のペースで研究会を積み重ねてきた(2010年4月には共同研究班の名称を「第一次世界大戦の総合的研究」へと改めた)。本シリーズは、広く一般の読者に対し、第一次世界大戦をめぐって問題化されるさまざまなテーマを平易に概説することを趣旨とするが、同時に、これまでの研究活動の中間的な成果報告としての性格を併せもつ。

 本シリーズの執筆者はいずれも共同研究班の班員であり、また、その多くは京都大学の全学共通科目「第一次世界大戦と現代社会」が開講された際の講師である。「レクチャー」ということばを冠するのは、こうした経緯による。本シリーズが広く授業や演習に活用されることを、執筆者一同は期待している。

 第一次世界大戦こそ私たちが生活している「現代世界」の基本的な枠組みをつくりだした出来事だったのではないか――――共同研究班において最も中心的な検討の対象となってきた仮説はこれである。本シリーズの各巻はいずれも、この仮説の当否を問うための材料を各々の切り口から提示するものである。

周知の通り、日本における第一次世界大戦研究の蓄積は乏しく、その世界史的なインパクトが充分に認識されているとはいいがたい。「第一次世界大戦を考える」ことを促すうえで有効な一助となることを願いつつ、ささやかな成果とはいえ、本シリーズを送り出したい。

 


小関隆『徴兵制と良心的兵役拒否―イギリスの第一次世界大戦経験

兵役拒否者は、独善的な臆病者なのか?

未曾有の総力戦を背景に、史上初の徴兵制実施に踏み切ったイギリス。
その導入と運用の経緯をたどりながら、良心的兵役拒否者たちの葛藤を描き出す。


岡田暁生『「クラシック音楽」はいつ終わったのか?―音楽史における第一次世界大戦の前後』

芸術表現につきつけられたアポリア

落日しつつある西洋社会の閉塞感のなかに胚胎し、続く大戦経験がもたらした表現とは? 
前衛芸術、録音メディアの登場、ジャズの熱狂、音楽の国有化――音楽史の切断面への試論。


藤原辰史『カブラの冬―第一次世界大戦期ドイツの飢饉と民衆』

ナチスを生んだ飢餓の記憶

第一次世界大戦期ドイツ。イギリスの経済封鎖は、女性と子どもを中心とする76万人の餓死者を生んだ。そして、二度と飢えたくないという民衆の記憶は、やがてナチスの社会政策や農業政策にも巧みに取り込まれていく。食糧戦争としての大戦を描く。


山室信一『複合戦争と総力戦の断層―日本にとっての第一次世界大戦』

遠き戦火、認識の空白をいま解き明かす

青島で太平洋で地中海で戦い、さらには氷雪のシベリア、樺太へ。
中国問題を軸として展開する熾烈なる三つの外交戦。
これら五つの複合戦争の実相とそこに萌した次なる戦争の意義を問う!


河本真理『葛藤する形態―第一次世界大戦と美術』

〈現代〉戦争はどのように表象されるのか?

モダニズム、世界の浄化を求め戦争を讃美した未来派、過酷な戦場体験から、ダダ、秩序への回帰、抽象美術の誕生へ。断片化と綜合の間を揺れ動く、葛藤する美術の動向から、第一次世界大戦前後を含めて、戦争が美術に対して持ち得た意味を探る。


久保昭博『表象の傷―第一次世界大戦からみるフランス文学史』

「戦争文化」は文学に何をもたらしたのか?

ベル・エポックから狂乱の時代へ。豊穣な文学の開花とそれを突然断ち切った大戦。大戦前後に起こった芸術上の転回とはいかなるものだったのか?戦時中の文学状況を「戦争文化」という概念を手がかりに考察する。


早瀬晋三『マンダラ国家から国民国家へ―東南アジア史のなかの第一世界大戦』

東南アジアから見た大戦の世界性

ヨーロッパ列強が壊滅的な戦争をはじめたとき、東南アジアは、具体的にそれにどうかかわり変容を迫られたのか。
大戦前後の周辺諸国・地域、世界とのかかわりに注目しながら、国民国家形成への道程を描き、今日さらに未来を展望する。

大津留厚『捕虜が働くとき―第一世界大戦・総力戦の狭間で』

敵国のために働くとは?

膠着した戦いは、多くの捕虜を生み出し、戦争を続けるには、彼らの労働力もカウントされねばならなかった。捕虜たちは、何を感じ、何を食べ、どう働いたのか?それぞれの体験を通してみえてくるものを考える。


林田敏子『戦う女、戦えない女―第一世界大戦期のジェンダーとセクシュアリティ』

愛国熱と制服フィーバーの時代

総力戦は同時に女性の社会進出もおしひろげた。戦えない性である女性は、愛国心をどう示したのか。カーキ・フィーバー、社会進出の象徴でもある制服への熱狂。大戦は女性をどう変えたのか、戦いのなかの女性を描き出す。


中野耕太郎『戦争のるつぼ―第一世界大戦とアメリカニズム』

理念の戦争の劫火が鋳出した「アメリカ」とは何か?

「民主主義の戦争」はアメリカと世界をどう変えたのか。戦時下における、人種・エスニック問題の変容ほか戦争と国民形成にまつわる問題群を明らかにし、現在に続くアメリカの「正義の戦争」の論理と実像に迫る。


野村真理『隣人が敵国人になる日―第一世界大戦と東中欧の諸民族』

忘れられた東部戦線

言語や宗教の異なる諸民族が複雑に入り組む東中欧。いまだ国民国家を想像できない民衆の戦争経験とは。さらなる大戦後の帝国崩壊は、民族に何をもたらしたか。東中欧の「未完の戦争」の行方を追う。

このページのトップへ

関連書籍

隣人が敵国人になる日

隣人が敵国人になる日

忘れられた東部戦線

著者:野村 真理
 
戦争のるつぼ

戦争のるつぼ

理念の戦争の劫火が鋳出したアメリカとは?

著者:中野 耕太郎
 
 
捕虜が働くとき

捕虜が働くとき

敵国のために働くとは?

著者:大津留 厚
 
戦う女、戦えない女

戦う女、戦えない女

愛国熱と制服フィーバーの時代

著者:林田 敏子
 
 
マンダラ国家から国民国家へ

マンダラ国家から国民国家へ

東南アジアからみた大戦の世界性

著者:早瀬 晋三
 
表象の傷

表象の傷

「戦争文化」は文学に何をもたらしたのか?

著者:久保 昭博
 
 
葛藤する形態

葛藤する形態

〈現代〉戦争はどのように表象されるのか?

著者:河本 真理
 
複合戦争と総力戦の断層

複合戦争と総力戦の断層

遠き戦火、認識の空白をいま解き明かす

著者:山室 信一
 
 
カブラの冬

カブラの冬

ナチスを生んだ飢餓の記憶

著者:藤原 辰史
 
「クラシック音楽」はいつ終わったのか?

「クラシック音楽」はいつ終わったのか?

音楽史の切断面への試論

著者:岡田 暁生
 
 
アフリカを活用する

アフリカを活用する

フランスの植民地へのまなざし

著者:平野 千果子
 
徴兵制と良心的兵役拒否

徴兵制と良心的兵役拒否

徴兵制と良心的兵役拒否者たちの葛藤

著者:小関 隆
 
 

このページのトップへ