ホーム > お知らせ > 書評掲載『幻視とレアリスム』『複数形のプラハ』(『表象』07)

書評掲載『幻視とレアリスム』『複数形のプラハ』(『表象』07)

表象文化論学会『表象』07号(2013年4月)に、石谷治寛『幻視とレアリスム クールベからピサロへ、近代フランス絵画の再考』(評者:飛嶋隆信)と、阿部賢一『複数形のプラハ』(評者:田中純)の書評が掲載されました。

『表象』07の目次はこちら→

このページのトップへ

関連書籍

幻視とレアリスム

幻視とレアリスム

19世紀フランスの調和と自由をめぐる芸術

著者:石谷 治寛
 
複数形のプラハ

複数形のプラハ

浮かび上がる都市の暗点

著者:阿部 賢一
 
 

このページのトップへ