ホーム > お知らせ > シンポジウム「オリンピックとスポーツ・ボランティア」(11/17奈良女)

シンポジウム「オリンピックとスポーツ・ボランティア」(11/17奈良女)

下記シンポジウムに、『現代オリンピックの発展と危機1940-2020』の著者、石坂友司先生が登壇されます。

***

第6回奈良女子大学 オリンピック・公開シンポジウム

オリンピックとスポーツ・ボランティア

日時 2018年11月17日(土)14時~16時15分

会場 奈良女子大学G棟101教室

仁平典宏(東京大学准教授)
「オリンピックボランティアと「物語」の動員――「やりがい搾取」論を問い直す」

石坂友司(奈良女子大学准教授)
「長野オリンピックからみたスポーツ・ボランティア」

浜田雄介(京都産業大学講師)
「トライアスロン大会におけるボランティアとは」
シンポジスト

コーディネーター井上洋一(奈良女子大学教授)

入場無料/事前申込不要

主催 奈良女子大学生活環境学部心身健康学科スポーツ健康科学コース

http://www.nara-wu.ac.jp/nwu/news/H30news/20181117.pdf

このページのトップへ

関連書籍

現代オリンピックの発展と危機1940-2020

現代オリンピックの発展と危機1940-2020

混迷を極める事態の本質を探る刮目の分析

著者:石坂 友司
 
 

このページのトップへ