ホーム > お知らせ > 『引揚げ文学論序説』シンポジウムの記録(立命館言語文化研究)

『引揚げ文学論序説』シンポジウムの記録(立命館言語文化研究)

『立命館言語文化研究』29巻3号(2018年1月)が公開。ほぼ丸ごと一冊使って、朴裕河著『引揚げ文学論序説』をめぐるシンポジウムの記録となっています(2017年1月29~30日開催)。西成彦、蘭信三、小倉紀蔵、熊木勉、中山大将、原佑介、浅野豊美、佐藤成基、永畑紗織、田中壮泰、鵜戸聡
http://www.ritsumei.ac.jp/acd/re/k-rsc/lcs/kiyou/29-3.html

このページのトップへ

関連書籍

引揚げ文学論序説

引揚げ文学論序説

戦後史を揺さぶる画期的論考

著者:朴 裕河
 
 

このページのトップへ