ホーム > お知らせ > 合評会『天皇制と民主主義の昭和史』(6/9東大駒場)

合評会『天皇制と民主主義の昭和史』(6/9東大駒場)

冷戦研究会第44回例会

日時 2018年6月9日(土)13:00~18:15(※12:40 開場)
会場 東京大学駒場Iキャンパス2号館303号室
https://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam02_01_02_j.html

プログラム

13:00~15:30

第Ⅰ部 合評会 アレクセイ・ユルチャク(半谷史郎訳)『最後のソ連世代 ブレジネフからペレストロイカまで』みすず書房、2017年
https://www.msz.co.jp/book/detail/08642.html

基調講演:半谷史郎(愛知県立大学外国語学部准教授)

コメンテータ:越野剛(北海道大学スラブ・ユーラシア研究センター共同研究員)、塩川伸明(東京大学名誉教授)

15:45~18:15

第Ⅱ部 合評会 河西秀哉『天皇制と民主主義の昭和史』人文書院、2018年http://www.jimbunshoin.co.jp/book/b324654.html

基調講演:河西秀哉(神戸女学院大学文学部准教授)

コメンテータ:瀬畑源(長野県短期大学多文化コミュニケーション学科准教授)、加藤聖文(国文学研究資料館研究部准教授)

http://cold-war-sf.blogspot.jp/2018/03/44.html

このページのトップへ

関連書籍

天皇制と民主主義の昭和史

天皇制と民主主義の昭和史

象徴天皇制の成立とその展開に迫る

著者:河西 秀哉
 
 

このページのトップへ