ホーム > お知らせ > 『戸籍と無戸籍』遠藤正敬先生講演(10/26文京区)

『戸籍と無戸籍』遠藤正敬先生講演(10/26文京区)

学習会「戸籍への個人番号(マイナンバー)導入は何をもたらすのか」

日時 2017年10月26日(木)18時30分~
会場 東京都文京区民センター2階2-A会議室
講師 遠藤正敬(政治学者・戸籍研究者)
主催 共通番号いらないネット
参加費・資料代 500円

政府は電算化した戸籍に個人番号(マイナンバー)制度を導入する方針を固めました。法務省「戸籍制度に関する研究会」の最終報告を基に、9月19日の法制審議会に諮問、2019年通常国会に戸籍法改定法案を提出します。「家」を単位に編製し「日本人」の国籍・民族・血統を公証する「臣民簿」として存続してきた戸籍制度。その基本骨格を維持したままの番号制度導入は何をもたらすのか、気鋭の戸籍研究者とともにさぐります。

http://www.bango-iranai.net/event/eventView.php?n=195

このページのトップへ

関連書籍

戸籍と無戸籍

戸籍と無戸籍

歴史的変遷を辿る労作

著者:遠藤 正敬
 
 

このページのトップへ