ホーム > お知らせ > 電子書籍『『脱原発の哲学』を読む』(読書人)が発売

電子書籍『『脱原発の哲学』を読む』(読書人)が発売

読書人より電子書籍『『脱原発の哲学』を読む』が発売になりました。「週刊読書人」に掲載された佐藤嘉幸さん、田口卓臣さんによる対談、慶應義塾大学と筑波大学で開催された書評会、小出裕章先生の講演が収録されています。

内容紹介
二〇一一年三月に起こった福島第一原発事故というカタストロフィは、私たちの生とそれをとりまく環境、社会に膨大な被害をもたらした。その膨大な被害を踏まえて、原子力=核エネルギーというテクノロジーが持つ科学的、社会的、政治的な矛盾について哲学的な観点から考察したのが、私たちが共同で執筆した『脱原発の哲学』である。
本書では、『脱原発の哲学』が提示した様々なテーゼについて議論するために、まず著者二人の討論(『脱原発の哲学』をアップデートする論点を含む)を収録し、その後、慶応義塾大学と筑波大学で行われた二つの合評会での討論を収録した。二つの合評会では、いずれもコメンテーターと著者、フロアの間で長時間にわたる白熱した議論が展開されたが、本書にまとめる際に、時間の関係で当日展開できなかった幾つかの論点を書き足した。
合評会の詳細は次の通りである。

*『脱原発の哲学』合評会+小出裕章氏講演会
第一部 『脱原発の哲学』合評会
コメンテーター 西山雄二(首都大学東京)、渡名喜庸哲(慶応義塾大学)、岩田渉(元市民科学者国際会議)
第二部 小出裕章氏講演会「熊取六人組と批判的科学」
慶応義塾大学三田キャンパス、二〇一六年一一月一一日

*『脱原発の哲学』合評会
コメンテーター 五十嵐泰正(筑波大学)、早尾貴紀(東京経済大学、311全国受入協議会)、本間信和(筑波大学大学院)
筑波大学、二〇一七年五月一八日

『脱原発の哲学』を読んで濃密なコメントを下さったすべてのコメンテーターの方々、そして、私たちの求めに快く応じて心に響く講演を行って下さった小出裕章先生に、深い感謝を捧げる。また、『脱原発の哲学』を評価し、合評会の電子出版を企画して下さった、『読書人』編集長の明石健五さんにも、最大限の感謝を捧げたい。
本書を機に、より多くの読者が『脱原発の哲学』の問題提起に触れ、福島第一原発事故がもたらし、また明らかにした諸問題と、脱原発の「切迫性」について考えて下さるなら、著者としても本望である。本書に収録した討論でも述べたように、脱原発についての生産的な議論が交わされる場であるなら、私たちはいつでもそこに赴く準備ができている。
本電子書籍は、『脱原発の哲学』をめぐって行われる新たな対話を、今後「改訂版」として、その都度アップデートしていく。ダウンロードされたサイトに再度アクセスしていただければ、無料で「改訂版」がダウンロード可能となる。改訂版に関する情報は、「週刊読書人」のホームページ(http://dokushojin.com/)などで告知する。第一回目のアップデートは、二〇一八年三月を予定している。

佐藤嘉幸・田口卓臣

https://www.amazon.co.jp/%E3%80%8E%E8%84%B1%E5%8E%9F%E7%99%BA%E3%81%AE%E5%93%B2%E5%AD%A6%E3%80%8F%E3%82%92%E8%AA%AD%E3%82%80-%E8%AA%AD%E6%9B%B8%E4%BA%BAeBOOKS-%E4%BD%90%E8%97%A4-%E5%98%89%E5%B9%B8-ebook/dp/B075ZLRPFH/ref=sr_1_1?s=digital-text&ie=UTF8&qid=1506788587&sr=1-1

このページのトップへ

関連書籍

脱原発の哲学

脱原発の哲学

小出裕章氏、大島堅一氏推薦

 
 

このページのトップへ