ホーム > お知らせ > 『ラカン 真理のパトス』書評会(7/29京大人文研)

『ラカン 真理のパトス』書評会(7/29京大人文研)

藤井俊之『啓蒙と神話』(航思社)+上尾真道『ラカン、真理のパトス』(人文書院)公開合評会

「アドルノ/ラカン 感性と理性の狭間で”人間”は“真理”に耐えられるのか」

日時:2017年7月29日(土曜日)14:00〜18:00
場所:京都大学人文科学研究所本館1F セミナー室1

参加無料、事前申し込み不要

プログラム:
14:00〜
I)著者講演
・藤井俊之(京都大学人文科学研究所)
・上尾真道(立命館大学衣笠総合研究機構)

14:40〜
II) 藤井俊之『啓蒙と神話—アドルノと人間性の形象』(航思社、2017年)をめぐって
・岡田暁生(京都大学人文科学研究所)コメント
・佐藤淳二(京都大学人文科学研究所/地球環境学堂)コメント
・著者からの応答

休憩

16:30〜
III) 上尾真道『ラカン、真理のパトス—一九六〇年代フランス思想と精神分析』(人文書院、2017年)をめぐって
・立木康介(京都大学人文科学研究所)コメント
・小泉義之(立命館大学大学院先端総合学術研究科、本研究所公募研究班A「フーコー研究」班長)コメント

・著者からの応答

司会 : 王寺賢太(京都大学人文科学研究所)

主催:京都大学人文科学研究所・公募研究班A「フーコー研究 人文科学の再批判と新展開」

http://www.zinbun.kyoto-u.ac.jp/

このページのトップへ

関連書籍

ラカン 真理のパトス

ラカン 真理のパトス

同時代の視点から捉えるラカン

著者:上尾 真道
 
 

このページのトップへ