ホーム > お知らせ > 夜想カフェ「クレズマー、フランク・ロンドン、ハシディズム」(4/1西宮)

夜想カフェ「クレズマー、フランク・ロンドン、ハシディズム」(4/1西宮)

 夜想カフェ Vol.3

「クレズマー、フランク・ロンドン、ハシディズム」

本年5月、東欧ユダヤ音楽クレズマー界のトップスターにして、「クレズマティクス」のリーダー兼トランペット奏者であるフランク・ロンドン氏が来日し、大熊ワタルさん率いる「ジンタらムータ」とともに、東京、大阪、京都、広島にてコンサートが企画されています。
これを記念して、夙川・西宮の遊学サロン「カフェ・ルーデンス」では、『クレズマーの文化史』の著者で今回のイベントを企画された黒田晴之さんとともに、「凡どどラジオ」でお馴染の国内屈指のユダヤ音楽収集家どぅーどぅるさんをゲストにお迎えして、クレズマーや東欧ユダヤ文化の魅力について存分に語っていただきます
東欧ユダヤ文化に興味のある方やクレズマー・フリークはもちろんのこと、「民族音楽が好き!」、「東欧ユダヤ文化について気になっている」、あるいは、「クレズマーって何?」という方も歓迎です。
ざっくばらんな座談会風のイベントですので、ぜひお気軽にご参加ください~

【日時】4月1日(土)19:00~22:00(開場は18:30)要予約

【場所】西宮・夙川の遊学サロン「カフェ・ルーデンス」(おもちゃひろば~Toys' Campus):http://iko-yo.net/facilities/69814

【プログラム】

➀「クレズマー・リヴァイヴァル再考」(黒田晴之さん)

②「ハシディズムと音楽」(赤尾光春)

DJ(どぅーどぅるさん)

【参加費】
1000円

【定員】
15名

【申し込み先】
cafeludens@gmail.com
070-5350-1972[赤尾]
当アカウントへのDM

【登壇者プロフィール】

(黒田晴之さん)
1961年生まれ、松山大学経済学部教授。20世紀のドイツ文学とユダヤ音楽を研究。著書に『クレズマーの文化史』(人文書院)、訳書(いずれも共訳)にスヴェン・ハヌシェク『エリアス・カネッティ 伝記』(上智大学出版)、ハンス・ヘニー・ヤーン『岸辺なき流れ』(国書刊行会)等。
「クレズマー・リヴァイヴァルはどう始まったか? なぜそれまでクレズマーはシーンで表面化しなかったのか? さらにはリヴァイヴァリストたちはどのような困難に直面したか? 文化遺産を復活させることの難しさと魅力を、実際の演奏を聴きながらみなさんと語り合いたい」

(どぅーどぅるさん)
C.H.A.R (@TriflingDoodle )
凡どどラジオのパーソナリティで、クレズマー(東欧系ユダヤ民謡をルーツに持つ音楽ジャンルのひとつ)などのユダヤ音楽や、東欧音楽、中東音楽の収集家。

(赤尾光春)
1972年横浜生まれ。大阪大学・関西学院大学非常勤講師。ユダヤ文化研究。編著に『ユダヤ人と自治』(岩波書店、近刊)、『シオニズムの解剖』(人文書院)、『ディアスポラから世界を読む』(明石書店)など、共訳書に、『ワシーリー・グロスマン前期作品集』(みすず書房、近刊)、ダニエル&ジョナサン・ボヤーリン『ディアスポラの力』(平凡社)

https://www.facebook.com/akao.mitsuharu/posts/1294767200607973

このページのトップへ

関連書籍

クレズマーの文化史

クレズマーの文化史

東欧ユダヤ人音楽の文化史を辿る

著者:黒田 晴之
 
シオニズムの解剖

シオニズムの解剖

紛争の起源としてのシオニズム

 
 

このページのトップへ