ホーム > お知らせ > 『引揚げ文学論序説』刊行記念研究会(1/29~30立命館)

『引揚げ文学論序説』刊行記念研究会(1/29~30立命館)

■『引揚げ文学論序説』を受け止める

1月29日(日) 14:00-17:50  

於:末川記念会館講義室

司会:中川成美(立命館大学)、西成彦(立命館大学)

ゲスト:朴裕河(世宗大学校)、蘭信三(上智大学)、小倉紀蔵(京都大学)、熊木勉(福岡大学)、中山大将(京都大学)、原佑介(立命館大学・専門研究員)

主催 立命館大学国際言語文化研究所――研究所重点研究プロジェクト「文化の移動と紛争的インターフェース」(トラベルライティング研究会)

 

■戦争の終わりと引揚げ/強制移住/故郷喪失

1月30日(月) 12:30-17:30(ティーブレイク14:30-15:30)

於:末川記念会館第3会議室

司会:西成彦(立命館大学)

ゲスト:浅野豊美(早稲田大学)、佐藤成基(法政大学)、鵜戸聡(鹿児島大学)、永畑紗織(立命館大学・嘱託講師)、田中壮泰(日本学術振興会PD)、朴裕河(世宗大学校)

主催 科研費研究会「比較植民地文学研究の新展開――「語圏」概念の有効性」

共催 立命館大学国際言語文化研究所

◆本研究会は科研費基盤研究(C)15K02462 の助成を受けて実施するものです。

このページのトップへ

関連書籍

引揚げ文学論序説

引揚げ文学論序説

戦後史を揺さぶる画期的論考

著者:朴 裕河
 
 

このページのトップへ