ホーム > お知らせ > 書評掲載『曝された生 チェルノブイリ後の生物学的市民』(朝日新聞)

書評掲載『曝された生 チェルノブイリ後の生物学的市民』(朝日新聞)

朝日新聞書評欄(2016年3月13日)に、アドリアナ・ペトリーナ著『曝された生 チェルノブイリ後の生物学的市民』(粥川準二監修、森本麻衣子・若松文貴訳)が掲載されました。評者:佐倉統。

このページのトップへ

関連書籍

曝された生

曝された生

原子力災害の「その後」を生きる人々

 
 

このページのトップへ