ホーム > お知らせ > 読書会『バイリンガルな夢と憂欝』(7/11近畿大)

読書会『バイリンガルな夢と憂欝』(7/11近畿大)

日本比較文学会関西支部7月例会

日時:2015年7月11日(土)14:30-17:20
会場:近畿大学東大阪キャンパスEキャンパスA館(文芸学部)308教室

【研究発表】

講師: 大東和重(関西学院大学)
題目: 台南文学 日本語文学の一つの経験

〔関連図書〕
大東和重『台南文学 日本統治期台湾・台南の日本人作家群像』
(関西学院大学出版会、2015年3月)

司会:西成彦(立命館大学)

【読書会】

書籍:西成彦『バイリンガルな夢と憂鬱』(人文書院、2014)

〔内容説明〕
本書が扱うバイリンガルはエリートではない。植民地や移民、亡命の結果として、好むと好まざるとにかかわらずバイリンガルであり、あるいはそういった多言語が行き交う状況を、小説という一言語使用が原則の形式で描くという、ある種不可能な命題に挑んだ作家たちである。
具体的には、アイヌ神謡集の知里幸恵、植民地台湾の複雑な言語状況を描いた佐藤春夫と呂赫若、「故郷」朝鮮からの引揚げ作家、金石範、李恢成ら在日作家、移民国家アメリカの日系人作家などである。とはいえ、ハーンやフォークナー、コンラッド、リービ英雄など欧米の文学の試みと比較しながら、いわゆる「在日文学」「外地文学」としてではなく、「ディアスポラ」によって特徴づけられる20世紀の世界文学として論じている。

発題者:ヨコタ村上孝之(大阪大学)

http://hikakukansaishibu.blogspot.jp/2015/06/blog-post.html

このページのトップへ

関連書籍

バイリンガルな夢と憂鬱

バイリンガルな夢と憂鬱

日本語の隣人たち

著者:西 成彦
 
 

このページのトップへ