ホーム > お知らせ > 書評掲載『来るべき経済学のために』(週刊読書人)

書評掲載『来るべき経済学のために』(週刊読書人)

週刊読書人(2015年2月13日号)に、橘木俊詔・根井雅弘『来るべき経済学のために』の書評が掲載されました。伊藤元重『東大名物教授がゼミで教えている人生で大切なこと』(東洋経済新報社)、宇沢弘文『経済と人間の旅』(日本経済新聞出版社)と合わせての長いものです。評者:塚本恭章(愛知大学教員)。

このページのトップへ

関連書籍

来るべき経済学のために

来るべき経済学のために

碩学二人による刺激的対話

 
 

このページのトップへ