ホーム > お知らせ > 書評掲載『沖縄闘争の時代1960/70』(PACE)

書評掲載『沖縄闘争の時代1960/70』(PACE)

「PACE(パーチェ)」9号に、大野光明『沖縄闘争の時代1960/70』の書評が掲載されました。評者:持木良太。6ページに及ぶ長いものです。価格は300円、通販で購入も可能です。

* * *

PACE(パーチェ)9号
発行:PACE
2014年12月22日 第1刷
81ページ

『PACE』には、いくつもの「はじまり」が刻まれている。つづける人、一休みして再出発を待っている人、明日は何をしようと考えている人。それぞれが「はじまり」を刻んでいる。政治も経済も、国家も資本も、テレビや教科書のなかで語られ、分析されるものではなく、それを振りほどくにせよ、変えていくにせよ、壊すにせよ、はっきりとした手触りのあるもの、身体にくいこんでいるものとして経験されている。対峙し、格闘した経験のなかから言葉が紡がれている。今回の『PACE』も、それぞれの経験と言葉を記録することに力を入れた。
〈「巻頭言」より引用〉

【目次】
軍事占領の現在形…大野光明

特集1:ヘイトスピーチと地域をめぐる闘い
差別に抗する集団性と地域社会…山本崇記
路上シンポ手記
 路上シンポについて
 大学でカレーを食べながら思ったこと
 ある一つの「現場」について…とうみんのこ
 大学の広場での自由な議論を求めた2回の「路上シンポ」について…TH
 路上シンポ「反‐参加者」の立場から…高橋慎一
ヘイトスピーチに対する大学の対応のあり方…堀田義太郎

特集2:京都における反原発運動とその広がり
キンカン行動座談会…寺野哲也、布川淑、赤松千代、橋口昌治、森原康仁
手記
 私がニワカ脱原発活動家になった理由…寺野哲也
 三・一一まで寝ていたみたいです。…ぶとのりこ・堀林正
 原発いらないコドモデモ…西郷甲矢人
 ダメなものはダメと言いたい…小野力

論考:「アベノミクス」二年のバランスシート…森原康仁
書評:時に連なりあう者たちの闘争―大野光明『沖縄闘争の時代』書評…持木良太

http://karaimobooks.shop-pro.jp/?pid=85957751

 

このページのトップへ

関連書籍

沖縄闘争の時代1960/70

沖縄闘争の時代1960/70

新鋭による歴史社会学の熱き労作

著者:大野 光明
 
 

このページのトップへ