ホーム > 会社情報

会社情報

現在、募集はしておりません。

このページのトップへ

〒612-8447 京都市伏見区竹田西内畑町9

京都市営地下鉄竹田駅、または近鉄京都線竹田駅、北改札4番出口から西へ徒歩10分

 


大きな地図で見る

このページのトップへ

株式会社 人文書院

〒612-8447 京都市伏見区竹田西内畑町9

TEL 075-603-1344
FAX 075-603-1814

電話での企画相談、業者セールスはお断りしております。

弊社書籍のカバー画像の利用は自由です。

* * *

弊社は、創業(1922年 大正11年)以来90数年にわたり、京都において地道な出版活動を行ってきました。「人文書院」の命名は京都帝国大学医学部教授の今村新吉によるように、戦前は、心理学書を中心に文学書(国文)などを主に出版し、京都大学をはじめとする大学都市の地の利を生かした、文学・哲学・宗教関係など人文科学系の学術的、啓蒙的な書物を刊行していました。

戦後は、ギリシア悲劇・喜劇全集、ランボー全集、ボードレール全集、スタンダール全集、ゲーテ全集、ヘッセ著作集等、フランス、ドイツ文学の重要な作品を次々に刊行してきました。特に、戦後の文学・思想界で空前のブームを巻き起こしたサルトルやボーヴォワールの著作を、ほぼ一手に翻訳紹介したことによって、「サルトルの人文」といわれるほどの賞賛をえました。これらの刊行書籍が現在の弊社の出版に対する基本的なスタンスを形作るとともに、ヨーロッパ文化への新たな窓口を開き、わが国の読書界に新鮮な息吹を持ち込んだと自負しています。

現在、仏・独の哲学思想の紹介の他、フロイト著作集、ユング・コレクションをはじめとする心理学・精神医学などの翻訳書を一層充実させる一方で、宗教、歴史、民俗、人類学等の人文書の他、芸術、自然科学書にも視野を広げ、日本の著者による注目すべき作品・論考を意欲的に出版しています。また最近は、アクチュアルな問題意識を持った社会学書にも関心の領域をひろげています。

東京出版文化圏の渦から少し身を離して、日本有数の文化都市であり学術都市である京都の洛南伏見の地にて、小規模、精鋭人員に徹して知への確かなセンスを磨き、これからも、日本文化への鮮烈な情報発信者として在りつづけたく願っています。

代表取締役社長 渡辺博史

このページのトップへ

 

当社書籍のご注文方法

●お近くの書店、もしくは書誌情報ページのリンクから各ネット書店でお求め下さい。

●当社へ直接ご注文の場合

おハガキ、お電話、FAX、メールフォームでご注文を受け付けます。

〒612-8447 京都市伏見区竹田西内畑町9 人文書院 営業部書籍注文係まで

TEL 075-603-1344
FAX 075-603-1814

e-mailでのご注文はTOPページの「お問い合わせ」でお送り下さい。

送料として一回につき(何冊でも)350円ご負担願います。また、お支払いは、現品到着時の代金引替でお願いします。

代金引替が不都合な方は、代金を先にお送り下さい。(郵便局振替口座01000-8-1103)

上記以外の支払方法をお望みの場合は、お書き添え下さい。

図書目録の請求

メールフォームからお問い合わせ下さい。最新目録を送料当社負担にてお届けいたします。

このページのトップへ

  • ホーム
  • お知らせ
  • 書籍検索
  • コラム
  • 書店向け
  • 会社情報

このページのトップへ

 

【人文書院ホームページご利用にあたって】
このウェブサイトは株式会社人文書院、もしくはその代理人が運営しています。 以下の文章をお読みいただき、ご理解いただいたうえで当ウェブサイトをご利用ください。

【免責事項】
当ホームページの利用は、利用者本人の責任のもとにおこなってください。 利用において利用者本人が被った損害に関して、当ウェブサイトは一切責任を負いません。

【著作権】
人文書院の出版物はじめ、人文書院のホームページに掲載・提供するすべてのコンテンツ(情報・画像・文字など)は、私的利用以外の目的で無断で複写・転載することはできません。また、人文書院の出版物及び上記コンテンツの一部または全部を当ウェブサイト以外のホームページに転載する事は、私的利用であっても著作権法違反となります。

【推奨プラウザ】
当ウェブサイトを快適にご利用頂くには、以下のブラウザでご覧頂くことをおすすめいたします。
Microsoft Windows
Microsoft Internet Explorer Ver 6以上 / FireFox1.0以上 / Netscape Ver 7.0以上
Apple MacOS X
FireFox1.0以上

【リンク】
当ホームページへのリンクは営利を目的としない限り、またフレーム内に当サイトのコンテンツを表示するなど、著作権法上の適法性を欠く方法によらない限り、原則として自由です。
なお、サイト内の各ページは予告なく変更・削除されることがあります。

 

このページのトップへ