ホーム > 政治哲学

政治哲学

政治哲学

正義とは何か、権力とは何か、「正しさ」と「力」の根源を問う30冊。ブックガイドシリーズ第8弾。

著者 伊藤 恭彦
ジャンル ブックガイド
シリーズ ブックガイドシリーズ 基本の30冊
出版年月日 2012/01/20
ISBN 9784409001080
判型・ページ数 4-6・200ページ
定価 本体1,800円+税
在庫 在庫あり
 

目次

第1部 政治とは何か――政治・権力・自由
 丸山眞男『政治の世界』
 マキアヴェッリ『君主論』
 ウェーバー『職業としての政治』
 フーコー『監獄の誕生』
 ミル『自由論』
 フロム『自由からの逃走』

第2部 政治と規範――正義・善・法
 アリストテレス『ニコマコス倫理学』
 ロールズ『正義論』
 サンデル『リベラリズムと正義の限界』
 イェーリング『権利のための闘争』
 ヌスバウム『感情と法』
 デリダ『法の力』

第3部 デモクラシーと政治の場
 ルソー『社会契約論』
 シュムペーター『資本主義・社会主義・民主主義』
 フィシュキン『人々の声が響き合うとき』
 ムフ『政治的なるものの再興』
 ミラー『ナショナリティについて』
 ハーヴェイ『都市と社会的不平等』

第4部 現代の政治争点――財・アイデンティティ・戦争・環境
 ノジック『アナーキー・国家・ユートピア』
 マーフィー、ネーゲル『税と正義』
 キムリッカ『多文化時代の市民権』
 バトラー『ジェンダー・トラブル』
 ウォルツァー『正しい戦争と不正な戦争』
 カント『永遠平和のために』
 シンガー『動物の解放』
 キャリコット『地球の洞察』

第5部 国境を越える政治――グローバリゼーションと地球政治の可能性
 キケロー『義務について』
 マルクス『共産党宣言』
 ベイツ『国際秩序と正義』
 尾崎行雄『わが遺言』

このページのトップへ

内容説明

正義とは何か、権力とは何か、「正しさ」と「力」の根源を問う30冊。

このページのトップへ

関連書籍

経済学

経済学

経済学の多様な思想と可能性を示す30冊

著者:根井 雅弘
 
環境と社会

環境と社会

気鋭の環境社会学者らによる画期的ガイド

 
 
文化人類学

文化人類学

人類学の夢と情熱を伝える希望への30冊。

著者:松村 圭一郎
 
メディア論

メディア論

クールでホット、メディア論が解る30冊。

著者:難波 功士
 
 
日本思想史

日本思想史

日本の思想史を問い直す30冊

著者:子安 宣邦
 
グローバル政治理論

グローバル政治理論

E・H・カーからヴァンダナ・シヴァまで

著者:土佐 弘之
 
 
科学哲学

科学哲学

科学哲学がわかる基本30冊。

著者:中山 康雄
 
倫理学

倫理学

倫理学の基本がわかる基本30冊。

著者:小泉 義之
 
 
東アジア論

東アジア論

東アジア情勢を読み解くための基本30冊

著者:丸川 哲史
 
貧困の放置は罪なのか

貧困の放置は罪なのか

グローバルな正義はいかにして可能か

著者:伊藤 恭彦
 
 

このページのトップへ