ホーム > シオニズムの解剖

シオニズムの解剖

現代ユダヤ世界におけるディアスポラとイスラエルの相克

シオニズムの解剖

近代ヨーロッパの「ユダヤ問題」から今現在につづく「パレスチナ問題」まで

著者 臼杵 陽
赤尾 光春
早尾 貴紀
ジャンル 社会 > 国際政治
歴史 > 西洋史
出版年月日 2011/10/10
ISBN 9784409230473
判型・ページ数 A5
定価 本体4,200円+税
在庫 在庫あり
 

目次

序章 シオニズムを解剖する 赤尾光春・早尾貴紀

Ⅰ 帝国の衰退とユダヤ政治の展開
忘れられた世代と場所 鶴見 太郎
「イディッシュ労働者」運動としてのブンド 西村 木綿
民族自治から主権国家へ 森 まり子  
                                 
Ⅱ ホロコーストからイスラエル建国へ
アメリカ・ユダヤ人とシオニズム 池田有日子
カタストロフィ・シオニズム 野村 真理

Ⅲ ナクバという遺産
国家の起源にどう向き合うか 金城 美幸
〈イスラエルの原罪〉を書けるか 村田 靖子

Ⅳ 入植のエートスとイデオロギー
一〇〇度目の流刑地としてのエレツ・イスラエル 赤尾 光春
死と贖いの文化――フロンティアのメシア主義者 今野 泰三

Ⅴ ユダヤ文化産業におけるヘゲモニーとカウンター・ヘゲモニー
シオニズムの映画的表象 四方田犬彦
クレズマーはシオニズム(と資本主義)に抵抗するか ? 平井  玄

Ⅵ 現代思想とイスラエル問題
バイナショナリズムの思想史的意義 早尾 貴紀
現代思想におけるシオニズムと反シオニズム 合田 正人

日本におけるシオニズムへの関心の端緒 臼杵 陽

このページのトップへ

内容説明

 

近代ヨーロッパの「ユダヤ問題」から今現在につづく「パレスチナ問題」まで

ディアスポラとイスラエルのねじれを読み解き近現代世界の民族紛争の理解に多くの視点を示す。

 

近年、ユダヤ人の歴史や文化に関する研究は日本でも発展の一途を辿っているが、シオニズムを中心に扱った研究となると意外にも少ない。現代イスラエルをめぐる諸問題については、中東紛争やパレスチナ人が置かれた深刻な状況に対する関心の高まりから、それ相応の理解が進んでいるのはたしかだ。しかし、イスラエルという「ユダヤ人国家」を生み出した思想・政治運動としてのシオニズムに関する一般の理解は、その歴史的重要性にもかかわらず、いまだに初歩的な段階に留まっていると言わざるを得ない。そこで本書が第一の課題とするのは、シオニズムをとりまく諸問題を多角的に読み解き、近現代のユダヤ理解におけるこうした不均衡を問い直すことである。(本書「序章」より)

 

このページのトップへ