ホーム > 日本思想史

日本思想史

日本思想史

「日本」という枠組みを問い直し、思考を触発し続ける30冊。

著者 子安 宣邦
ジャンル ブックガイド
シリーズ ブックガイドシリーズ 基本の30冊
出版年月日 2011/08/20
ISBN 9784409001059
判型・ページ数 4-6
定価 本体1,800円+税
在庫 在庫あり
 

目次

第1部 日本/古代
 網野善彦『日本論の視座』
 山尾幸久『日本国家の形成』
 津田左右吉『神代史の新しい研究』
 和辻哲郎『日本古代文化』
 三品彰英『日本神話論』
 西郷信綱『古事記の世界』

第2部 中世
 高取正男『神道の成立』
 黒田俊雄『寺社勢力』
 網野善彦『無縁・公界・楽
 大隅和雄『信心の世界、遁世者の心』

第3部 近世①
 阿部吉雄『日本朱子学と朝鮮』
 野口武彦『江戸の歴史家』
 子安宣邦『江戸思想史講義』
 ヘルマン・オームス『徳川イデオロギー』
 丸山眞男『日本政治思想史研究』
 尾藤正英『江戸時代とは何か』

第4部 近世②
 村岡典嗣『本居宣長』
 小林秀雄『本居宣長』
 E・H・ノーマン『忘れられた思想家 安藤昌益のこと』
 テツオ・ナジタ『懐徳堂』)
 伊東多三郎『草莽の国学』

第5部 近代/現代
 大川周明『日本精神研究』
 相良亨『日本人の伝統的倫理観』
 湯浅泰雄『近代日本の哲学と実存思想』
 色川大吉『新編 明治精神史』
 安丸良夫『近代天皇像の形成』
 村上重良『国家神道』
 戸坂潤『日本イデオロギー論』
 竹内好『日本とアジア』
 子安宣邦『近代知のアルケオロジー』

このページのトップへ

関連書籍

経済学

経済学

経済学の多様な思想と可能性を示す30冊

著者:根井 雅弘
 
環境と社会

環境と社会

気鋭の環境社会学者らによる画期的ガイド

 
 
政治哲学

政治哲学

「正しさ」と「力」の根源を問う30冊

著者:伊藤 恭彦
 
文化人類学

文化人類学

人類学の夢と情熱を伝える希望への30冊。

著者:松村 圭一郎
 
 
メディア論

メディア論

クールでホット、メディア論が解る30冊。

著者:難波 功士
 
グローバル政治理論

グローバル政治理論

E・H・カーからヴァンダナ・シヴァまで

著者:土佐 弘之
 
 
科学哲学

科学哲学

科学哲学がわかる基本30冊。

著者:中山 康雄
 
倫理学

倫理学

倫理学の基本がわかる基本30冊。

著者:小泉 義之
 
 
東アジア論

東アジア論

東アジア情勢を読み解くための基本30冊

著者:丸川 哲史
 
 

このページのトップへ