ホーム > 象の群れ

象の群れ

象の群れ

ボルネオ島の熱帯雨林を舞台とする、群象の伝説にとらわれた華人一家の波乱万丈でミステリアスな盛衰史を描く長編小説

著者 張 貴興
松浦 恆雄
ジャンル 文学 > 海外文学・文芸評論 > 海外文学フィクション
シリーズ 台湾熱帯文学シリーズ
出版年月日 2010/12/20
ISBN 9784409111925
判型・ページ数 4-6・240ページ
定価 本体2,400円+税
在庫 在庫あり
 

内容説明

台湾熱帯文学第2弾

マレーシアのボルネオ島の熱帯雨林を舞台とする、サラワク(ボルネオ島北西岸の州)における群象の伝説にとらわれた華人一家の波乱万丈でミステリアスな盛衰史を描く長編小説。雨林の中で無尽に交錯する河流、禽獣・植物、戦争、植民者、少数民族といった、歴史的事実を含む数多くの印象や寓意が鮮やかで生なましい。家族の情感、サラワク共産党の盛衰、伝説と神話、中華民族史が入りまじった、艶美、神秘、浮幻、幽玄な伝奇物語である。

このページのトップへ

関連書籍

中国飛翔文学誌

中国飛翔文学誌

中国人はいつも空を飛んでいる! 

著者:武田 雅哉
 
女神の島

女神の島

台湾百年来の最も重要な小説。

著者:陳 玉慧
白水 紀子
 
 
白蟻の夢魔

白蟻の夢魔

百年の老屋を蚕食する秘密

 
夢と豚と黎明

夢と豚と黎明

アッラーの御意志のままに

 
 
吉陵鎮ものがたり

吉陵鎮ものがたり

「吉陵」で繰り広げられる罪と報いの物語

 
 

このページのトップへ