ホーム > 科学哲学

科学哲学

科学哲学

科学哲学がわかる基本30冊。

著者 中山 康雄
ジャンル ブックガイド
シリーズ ブックガイドシリーズ 基本の30冊
出版年月日 2010/10/20
ISBN 9784409001035
判型・ページ数 4-6・200ページ
定価 本体1,800円+税
在庫 在庫あり
 

目次

第1部 科学哲学前史
 アリストテレス『自然学』
 ガリレイ『天文対話』
 カント『プロレゴメナ』
 マッハ『時間と空間』

第2部 論理実証主義の運動とその限界
 カルナップ『論理的構文論』
 ライヘンバッハ『科学哲学の形成』
 ウィトゲンシュタイン『論理哲学論考』
 ゲーデル『不完全性定理』
 ポパー『推測と反駁』
 大森荘蔵『流れとよどみ』

第3部 「新科学哲学」という反乱――パラダイム論の登場
 ハンソン『科学的発見のパターン』
 クーン『科学革命の構造』
 クワイン『論理的観点から』
 村上陽一郎『科学史の逆遠近法』

第4部 パラダイム論以降の科学哲学
 ラカトシュ『方法の擁護』
 ローダン『科学は合理的に進歩する』
 ハッキング『表現と介入』

第5部 科学論への展開
 ブルア『数学の社会学』
 ソーカル、ブリクモン『「知」の欺瞞』
 ラトゥール『科学論の実在』
 フラー『科学が問われている』

第6部 科学哲学基礎論の諸説
 ヘンペル『科学的説明の諸問題』
 フラーセン『科学的世界像』
 パトナム『理性・真理・歴史』

第7部 個別科学の哲学
 アインシュタイン『相対性理論』
 レッドヘッド『不完全性・非局所性・実在主義』
 ソーバー『進化論の射程』
 ゲルマン『クォークとジャガー』
 チャーチランド『心の可塑性と実在論』
 ドゥ・メイ『認知科学とパラダイム論』

このページのトップへ

関連書籍

経済学

経済学

経済学の多様な思想と可能性を示す30冊

著者:根井 雅弘
 
環境と社会

環境と社会

気鋭の環境社会学者らによる画期的ガイド

 
 
政治哲学

政治哲学

「正しさ」と「力」の根源を問う30冊

著者:伊藤 恭彦
 
文化人類学

文化人類学

人類学の夢と情熱を伝える希望への30冊。

著者:松村 圭一郎
 
 
メディア論

メディア論

クールでホット、メディア論が解る30冊。

著者:難波 功士
 
日本思想史

日本思想史

日本の思想史を問い直す30冊

著者:子安 宣邦
 
 
グローバル政治理論

グローバル政治理論

E・H・カーからヴァンダナ・シヴァまで

著者:土佐 弘之
 
倫理学

倫理学

倫理学の基本がわかる基本30冊。

著者:小泉 義之
 
 
東アジア論

東アジア論

東アジア情勢を読み解くための基本30冊

著者:丸川 哲史
 
 

このページのトップへ