ホーム > 倫理学

倫理学

倫理学

倫理学の基本がわかる基本30冊。

著者 小泉 義之
ジャンル ブックガイド
シリーズ ブックガイドシリーズ 基本の30冊
出版年月日 2010/10/20
ISBN 9784409001028
判型・ページ数 4-6・200ページ
定価 本体1,800円+税
在庫 在庫あり
 

目次

第1部 生と死
 セネカ『倫理書簡集』
 ギュイヨー『義務も制裁もなき道徳』
 パーフィット『理由と人格』

第2部 徳と力
 キケロー『善と悪の究極について』
 モンテーニュ『随想録(エセー)』
 ルソー『人間不平等起原論』
 フーコー『思考集成Ⅹ 1984-88 倫理/道徳/啓蒙』

第3部 快楽と欲望
 ベンサム『自己にそむく違反、男色』
 ラカン『精神分析の倫理』
 ドゥルーズ、ガタリ『アンチ・オイディプス』
 イリガライ『ひとつではない女の性』
 バトラー『欲望の主体』

第4部 資本主義の精神、市民の道徳
 マルクス『経済学・哲学草稿』
 ラスキン『この最後の者にも』
 ミル『功利主義論』
 ニーチェ『道徳の価値』
 ヴェーバー『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』
 シェーラー『価値の転倒』

第5部 幸福と福祉
 カント『実践理性批判』
 ベヴァリッジ『社会保障および関連サービス(ベヴァリッジ報告)』
 田中美知太郎『善と必然との間に』

第6部 近代倫理の臨界
 和辻哲郎『倫理学』
 坂部恵『仮面の解釈学』
 ウォルツァー『正義の領分』
 ゴティエ『合意による道徳』
 キムリッカ『多文化時代の市民権』

第7部 倫理の超越
 ルター『奴隷的意志』
 ライプニッツ『弁神論』
 キルケゴール『おそれとおののき』
 ジジェク『厄介なる主体』

このページのトップへ

関連書籍

現代思想の転換2017

現代思想の転換2017

新時代への思想のシフトはもう始まっている

著者:篠原 雅武
 
経済学

経済学

経済学の多様な思想と可能性を示す30冊

著者:根井 雅弘
 
 
環境と社会

環境と社会

気鋭の環境社会学者らによる画期的ガイド

 
政治哲学

政治哲学

「正しさ」と「力」の根源を問う30冊

著者:伊藤 恭彦
 
 
文化人類学

文化人類学

人類学の夢と情熱を伝える希望への30冊。

著者:松村 圭一郎
 
メディア論

メディア論

クールでホット、メディア論が解る30冊。

著者:難波 功士
 
 
日本思想史

日本思想史

日本の思想史を問い直す30冊

著者:子安 宣邦
 
グローバル政治理論

グローバル政治理論

E・H・カーからヴァンダナ・シヴァまで

著者:土佐 弘之
 
 
科学哲学

科学哲学

科学哲学がわかる基本30冊。

著者:中山 康雄
 
東アジア論

東アジア論

東アジア情勢を読み解くための基本30冊

著者:丸川 哲史
 
 

このページのトップへ