ホーム > 恋する虜

恋する虜

パレスチナへの旅

恋する虜

パレスチナ、その土地と人々を見据え、夥しい死者を出した孤独で絶望的な闘争の記録。 政治的ルポを越える新たな文学的営為。

著者 ジャン・ジュネ
海老坂 武
鵜飼 哲
ジャンル 文学 > 海外文学・文芸評論
出版年月日 1994/03/15
ISBN 9784409130179
判型・ページ数 4-6・616ページ
定価 本体7,000円+税
在庫 在庫あり
 

目次

回想Ⅰ

回想Ⅱ

『恋する虜』関連地図
『恋する虜』関連年表
『恋する虜』完成にいたるジュネ晩年の歩み―あとがきにかえて

このページのトップへ

内容説明

ジュネ最後の大作。中東戦争の只中に入りこんだ作家の目に映ったものは何か?人が生きるとは何か、戦争とは何か、兵士とは何か、宗教とは?民族とは?いかなる状況だろうともそこには人びととの生活があり、家族がいる。パレスチナ問題を抉る新しい文学。

このページのトップへ