ホーム > 記念日の創造

記念日の創造

記念日の創造

記念日や記念行事の社会的意味と機能を探る

著者 小関 隆
ジャンル 歴史
出版年月日 2007/05/01
ISBN 9784409510582
判型・ページ数 4-6・200ページ
定価 本体1,500円+税
在庫 在庫あり
 

目次

序論 記念日と記念行事をめぐる抗争  小関隆/記憶を造形する命日――ベンジャミン・ディズレイリとプリムローズ  小関隆/大地に軍隊を捧げた日――ナチスの収穫感謝祭  藤原辰史/中国の祭日と死者を巡る物語  佐野誠子/思い出せない日付――中国共産党の記念日  石川禎浩/ブックガイド

このページのトップへ

内容説明

近代イギリスの「国民的英雄」顕彰行事、ナチスドイツ最大である祝典の収穫感謝祭、古代中国の死者に関する物語と祭日、中国共産党の創立記念日といった事例に即して、私たちの日常生活をとりま く記念日、そして記念日にともなう記念行事の社会的な意味や機能を探る。日付の選定から、物語やイメージの付与、そして記憶や資料の改ざんにいたるまで、記念日をめぐるさまざまな抗争を明らかにし、集団的記憶や記念日の受け入れ方に疑問をなげかける。京都大学人文科学研究所夏期講座連動企画。

このページのトップへ

関連書籍

現代思想の転換2017

現代思想の転換2017

新時代への思想のシフトはもう始まっている

著者:篠原 雅武
 
生活の中の植民地主義

生活の中の植民地主義

韓国、台湾、日本の日常生活にみるその痕跡

 
 

このページのトップへ