ホーム > 育てることの困難

育てることの困難

育てることの困難

子育てに困難を感じ始める親がふえたのはなぜか?家族・教育・仕事のいまを考える興味深い論集

著者 高石 恭子
ジャンル 心理学
シリーズ 心の危機と臨床の知 
出版年月日 2007/02/01
ISBN 9784409340325
判型・ページ数 A5・220ページ
定価 本体2,500円+税
在庫 在庫あり
 

目次

結婚出産経験の多様化と子育て期の働き方――求められる子育ての可視化  中里英樹/わが国における公共性の実現と男性の育児参加問題  汐見稔幸/子を人として尊んで育てる  武田信子/教育現場に見る「育てる」ことの困難  古屋敬子/子育て世代を支える言葉――「子育ては難しい」という意識の発生をめぐって  穂苅千恵/「若者」を育てることの困難  斎藤 環/内向きの若者たち――産み育てる人になることの困難  内藤あかね/現代女性の母性観と子育て意識の二重性  高石恭子

甲南大学人間科学研究所 第7回公開シンポジウム:育てることの困難――家族・教育・仕事の今を考える

このページのトップへ

内容説明

本書は、心の危機と臨床の知のシリーズ第8巻にあたる。今日の私たちの子育てをはじめ「育てること」をめぐる環境は、益々困難になってきている。とりにくい育児休業、残業で疲れた夫、孤立する母親、虐待。育てた子どもがひきこもったら?親をてにかけるような子どもになってしまったら? 子育てをめぐる不安はあとを絶たない。本書では「育てること」を、乳幼児の子育てに限らず、子どもが巣立つまでの親と子の営み、ないしは世代の引継ぎという幅広い意味でとらえ、臨床心理学、精神分析学、教育学、社会学など領域をこえて幅広い視点から論じる。「結婚出産経験の多様化と子育て期の働き方」「教育現場に見る「育てる」ことの困難」「「若者」を育てることの困難」「現代女性の母性観と子育て意識の二重性」など、ともに考えるために読んでいただきたい論文集。
執筆者
中里英樹
/汐見稔幸/武田信子/古屋敬子/穂苅千恵/斎藤環/内藤あかね/高石恭子。

このページのトップへ