ホーム > フリーターズフリー 02号

フリーターズフリー 02号

フリーターズフリー 02号

話題となった創刊号から1年半余り、充実の2号がいよいよ完成。テーマは「女性/労働」「性暴力」「釜ヶ崎」。

著者 フリーターズフリー
ジャンル 社会 > 社会問題
出版年月日 2008/12/01
ISBN 9784409248027
判型・ページ数 4-6・250ページ
定価 本体1,300円+税
在庫 在庫あり
 

目次

巻頭言 フリーターズフリーふたたび

【Ⅰ】女性の労働、女性的労働――そしてNFO(Non-Family Organization)

巻頭セッション 労働と家族を問う 国澤静子×白崎朝子×村上潔×生田武志×大澤信亮×栗田隆子×杉田俊介
かっこいいおんなたち 松元千枝
女性と貧困ネットワーク 栗田隆子
きちんと食べていける働き方へ ワーカーズ・コレクティブ座談会
共に暮らすということ メルセス宣教修道女会第四修道院 聞き手=栗田隆子
協同労働と書籍流通のオルタナティブのために ワーカーズコープアスラン座談会
突撃母ちゃんのサバイバル道場 増山麗奈

「ふ」 栗田隆子

【Ⅱ】性暴力

「モテないという意識」を哲学する 森岡正博
「レイプされたい」という性的ファンタジーについて 小松原織香
触発する悪──男性暴力×女性暴力 大澤信亮
性暴力についてのノート 杉田俊介

引きこもりと労働 グッドウィルユニオン/ニュースタート 梶屋大輔 聞き手=生田武志

【Ⅲ】釜ヶ崎から世界へ

釜ヶ崎で警察に対する抗議活動が暴動に発展 生田武志
極限の貧困をどう伝えるか 生田武志
自律への希望(前編) 綱島洋之

このページのトップへ

内容説明

話題となった創刊号から1年半余り、充実の2号がいよいよ完成。テーマは「女性/労働」「性暴力」「釜ヶ崎」。
フリーターは常に「男性名詞」なのか?生を切り崩さない仕事への模索は、女性の担ってきた労働へと向かい合っていく。

このページのトップへ

関連書籍

フェミニズムはだれのもの?

フェミニズムはだれのもの?

フリーターズフリー・トーク集第2弾。

 
フリーター論争 2.0

フリーター論争 2.0

各所で行われたイベントでの対談を収録

 
 
フリーターズフリー 01号

フリーターズフリー 01号

労働と生を考え抜くフリーターマガジン

 
フリーターにとって「自由」とは何か

フリーターにとって「自由」とは何か

労働現場から生まれた渾身のフリーター論

著者:杉田 俊介
 
 

このページのトップへ