ホーム > 貧困の放置は罪なのか

貧困の放置は罪なのか

グローバルな正義とコスモポリタニズム

貧困の放置は罪なのか

グローバルな正義はいかにして可能か

著者 伊藤 恭彦
ジャンル 思想 > 日本思想
社会 > 国際政治
出版年月日 2010/05/01
ISBN 9784409240892
判型・ページ数 4-6・290ページ
定価 本体3,200円+税
在庫 在庫あり
 

目次

序章 貧困に苦しむ人々と私たちグローバルな正義の課題
 一 世界の貧困の実態
 二 貧困撲滅に向けて
 三 グローバルな正義とコスモポリタニズム

第一章 貧困の放置は罪なのか貧困の撲滅をターゲットとするグローバルな正義
 一 はじめに 
 二 日常生活に潜む新マルサス主義
  (一)救命ボートの倫理
  (二)「救命ボートの倫理」の問題性地球の事実
  (三)「救命ボートの倫理」の問題性地球の倫理
  (四)シンガーの提案
  (五)自発的移転と慈善行為の問題点
 三 日常生活に潜むリバタリアニズム
  (一)私のものは私のものか
  (二)自己労働に基づく所有と自由市場モデルの問題点
  (三)社会システムの評価
  (四)グローバルな正義のミニマム構想国際分配政策の倫理的基礎
 四 日常生活に潜むナショナリズム
  (一)身近な人を優先すべきか
  (二)共通の権力がないことをどう考えるのか
  (三)近親者優先の倫理とグローバルな正義
 五 まとめ

第二章 シャンパングラスと暴力グローバル資本主義改革を目指す正義
 一 はじめに
 二 格差と暴力
  (一)経済的格差と力の格差
  (二)過去の暴力
  (三)グローバル化する経済と構造的不正義
  (四)格差を真剣に考える
 三 構造的不正義とグローバル資本主義
  (一)構造的暴力と構造的不正義
  (二)グローバル資本主義と構造的暴力
 四 グローバルな分配的正義
  (一)分配的正義の射程
  (二)構造的暴力の現場を改革する
  (三)エンパワーメントとしてのグローバルな正義
  (四)グローバルな分配的正義の妥当性
 五 まとめ

第三章 正義を実践するグローバルな正義と国際公共政策
 一 はじめに
 二 ODA政策の改革
  (一)ODA政策の現状
  (二)ODAの現状とグローバルな正義
  (三)国益とグローバルな正義
  (四)グローバルな正義と自己利益
 三 グローバルな税制の可能性
  (一)トービン税と国際連帯税
  (二)地球資源税・地球資源の配当
  (三)グローバルな税の倫理的正当性
 四 グローバル資本主義の改革
  (一)生産的正義
  (二)私的であり社会的である企業
  (三)多国籍企業課税
  (四)グローバル・コンパクト多国籍企業システム改革のための政策
  (五)フェア・トレード
 五 まとめ

第四章 コスモポリタニズムの倫理とグローバルな正義――改革と共生への希望
 一 はじめに
 二 共生の思想としてのコスモポリタニズム
  (一)多様性と差異の中のコスモポリタニズム
  (二)コスモポリタニズムの危うさ
  (三)帝国とコスモポリタニズム
 三 グローバル資本主義、グローバルな正義、コスモポリタニズム
  (一)グローバル資本主義の二面性
  (二)グローバルな正義
  (三)政治と希望

あとがき
引用・参考文献
事項索引/人名索引

このページのトップへ

内容説明

グローバリズムの影で過酷さを増す世界の貧困と格差。その解消のために、富裕国に住む我々にはいかなる義務があるのか。拡がりを見せるグローバル・ジャスティスの議論から丹念に説き起こす、比類なき熱き思考。著者渾身の一作。 日本公共政策学会学会賞(著作賞)受賞。

このページのトップへ

関連書籍

貧困と自己責任の近世日本史

貧困と自己責任の近世日本史

日本史像の刷新を試みる

著者:木下 光生
 
政治哲学

政治哲学

「正しさ」と「力」の根源を問う30冊

著者:伊藤 恭彦
 
 

このページのトップへ