ホーム > フェミニズムはだれのもの?

フェミニズムはだれのもの?

フリーターズフリー対談集

フェミニズムはだれのもの?

上野千鶴子、森岡正博、貴戸理恵など多彩なゲストを迎えてのフリーターズフリー・トーク集第2弾。

著者 フリーターズフリー
ジャンル 社会 > ジェンダー
社会 > 社会問題
出版年月日 2010/04/01
ISBN 9784409240861
判型・ページ数 4-6・250ページ
定価 本体1,800円+税
在庫 在庫あり
 

目次

はじめに(栗田隆子)

1 「おひとりさま」と「フリーター」は手を結べるか(上野千鶴子×貴戸理恵×大澤信亮×栗田隆子×杉田俊介)

フリーターズフリーについて
自己紹介(栗田・大澤・杉田・貴戸)
繋がり、分け合う
ほうっといてくれ
後続をつくる
徹底的な差異
私が出す解はあなたの解にはならない
「労働」そのものを変えていく

2 労働にとって「女性」とは何か(村上潔×栗田隆子×生田武志)

出版流通の問題
女性・主婦問題の発掘
主婦とフリーター
ないものとされた存在
女性の野宿者はなぜ少ないか
セーフティネットだけでは足りない
「主婦」のリサイクル
主婦とフリーター、共闘の難しさ
質疑応答

3 性≒暴力≒労働――堅気の仕事はどこにあるのか?(鈴木水南子×栗田隆子)

労働時間は八時間を知らなかった
知性と理性と自尊心
結婚制度は何のためにあるのか分からない
男性は猛獣?
男性は排除?
セックスワークの社会的位置づけを考える
ツケが回る
堅気の仕事を作ろう

4 草食系男子と性暴力(森岡正博×杉田俊介)

草食系男子と非モテ
草食系の優しさと暴力
メンズリブの歴史性
田中美津の問い
生命学の根本問題
動物における生命論
生命の宗教性
男であることの暴力
身体性の否定
子どもからの問いかけ

5 フェミニズムとカトリックの間で(栗田隆子×生田武志×大澤信亮×杉田俊介)

「書く」ことに専念する
フェミニズムとの出会い
シスターとの出会い
不登校の時代
偽の対立と代理戦争
被害と加害
変える/変わるということ
概念を変える
再分配について
言葉を流通させる
母と娘
資本制を超える
「売文婦」として生きる

おわりに(生田武志)

このページのトップへ

内容説明

上野千鶴子、森岡正博、貴戸理恵など多彩なゲストを迎えてのフリーターズフリー・トーク集第2弾。

このページのトップへ

関連書籍

ジェンダー研究を継承する

ジェンダー研究を継承する

後続世代がパイオニアに問うインタビュー集

 
フリーター論争 2.0

フリーター論争 2.0

各所で行われたイベントでの対談を収録

 
 
フリーターズフリー 01号

フリーターズフリー 01号

労働と生を考え抜くフリーターマガジン

 
フリーターズフリー 02号

フリーターズフリー 02号

フリーターは常に「男性名詞」なのか?

 
 

このページのトップへ