ホーム > ヨーロッパ統合と文化・民族問題

ヨーロッパ統合と文化・民族問題

ポスト国民国家の時代の可能性を問う

ヨーロッパ統合と文化・民族問題

近現代史の単位であった国民国家の枠組がなくなるとはどういうことか。第一線の研究者が、21世紀の世界に不可欠のテーマを考える。

著者 西川 長夫
宮島 喬 編著
ジャンル 社会 > 国際政治
出版年月日 1995/01/01
ISBN 9784409230244
判型・ページ数 4-6・288ページ
定価 本体2,200円+税
在庫 在庫あり
 

目次

序 歴史過程としてのヨーロッパ 西川長夫
ヨーロッパ統合と民族の理論   宮島 喬/ヨーロッパ統合のなかでの外国人とは 林瑞枝/ヨーロッパ統合と女性  姫岡とし子 /ドイツ人の「脱国民化」? 高橋秀寿/スペインのヨーロッパへの統合 戸門一衛/ヨーロッパ統合と社会民主主義 宮本太郎/もしイタリアがひとつの国であることをやめるならば 村上信一郎/イギリスの解体 一條都子/統合と分裂のヨーロッパ 梶田孝道
年表 中本真生子

このページのトップへ

内容説明

ヨーロッパ統合とは政治・経済・社会・文化の分野で国家の壁をなくし、ヨーロッパがひとつになる試みである。近現代史の単位であった国民国家の枠組がなくなるとはどういうことか。第一線の研究者十氏が、二一世紀の世界に不可欠のテーマを考える。

このページのトップへ

関連書籍

フランスを問う 

フランスを問う 

差異にもとづく連帯へ

著者:宮島 喬
 
ヨーロッパ統合のゆくえ

ヨーロッパ統合のゆくえ

中・東欧へと拡大するEUの現状と今後

著者:宮島 喬 編著
羽場 久〓子 編著
 
 

このページのトップへ