ホーム > 翻訳と雑神

翻訳と雑神

ドルルネシーア白

翻訳と雑神

翻訳に駆り立てるものは何か ―他者に身を窶すこと―

著者 四方田 犬彦
ジャンル 文学 > 日本文学・文芸評論 > 日本文学評論
出版年月日 2007/12/01
ISBN 9784409160923
判型・ページ数 4-6・232ページ
定価 本体2,000円+税
在庫 在庫あり
 

目次

西脇順三郎と完全言語の夢/金素雲の朝鮮民謡翻訳/金時鐘による金素雲『朝鮮詩集』再訳/吉増剛造 発語と彷徨/吉増剛造と雑神

このページのトップへ

内容説明

姉妹書『日本のマラーノ文学』同様、豚=マラーノを基点に、マラーノ性と裏腹にある広義の翻訳実践の問題を本書は扱っていく。たとえば、『朝鮮民謡集』(岩波文庫)で知られる金素雲。彼は民族の言語が消滅することを憂い、民族の詩情を後世に残さんがために己の創作を放棄し、民話・民謡蒐集とその翻訳に生涯をかけた。いわば二重の意味で出自を詐称した行為であり、ある時期まで祖国韓国で売国奴と罵られたが、その翻訳の中身は驚くべきものであった。また、それを再訳する金時鐘(岩波書店近刊)の実践。これらに通底する翻訳者の使命/熱情を西脇順三郎や吉増剛造などの仕事とつなげ、アイデンティティと他者性の問題に鋭く切り込む。

このページのトップへ

関連書籍

日本のマラーノ文学

日本のマラーノ文学

近現代日本文学における隠された出自

著者:四方田 犬彦
 
 

このページのトップへ