ホーム > 日本のマラーノ文学

日本のマラーノ文学

ドゥルシネーア赤

日本のマラーノ文学

「豚」は文学的観念たりうるか ―出自を偽ること―

著者 四方田 犬彦
ジャンル 文学 > 日本文学・文芸評論 > 日本文学評論
出版年月日 2007/12/01
ISBN 9784409160916
判型・ページ数 4-6・232ページ
定価 本体2,000円+税
在庫 在庫あり
 

目次

李香蘭の喪われた家/立原正秋という問題/寺山修司 朝鮮人のふりをすること/中上健次の詩/中上健次 路地の映像/劇作家としての松田優作/帷子耀
宋敏鎬のブルックリン体験/玄月 土地の凋落/アイドルの終わり 『パッチギ..LOVE & PEACE』/ここで突然、プルースト/川村湊を批判する 生まれてもそこは異郷

このページのトップへ

内容説明

十五世紀以降のスペインでは、ユダヤ教徒やイスラーム教徒が異端として激しい迫害に晒され、改宗や離散を強いられた。マラーノ=豚とはこの故郷を追われたユダヤ人のこと。文学の重要な契機を他者性と見るならば、出自を偽り、他者に身を窶す行為はその最たるものとなるだろう。それを「マラーノ性」という概念を提出し、在日朝鮮・韓国人、被差別部落出身者、さらにはホモセクシュアリティといったマイノリティ等々をあえてマラーノと呼ぶことで、ありえぬ想像上の自我のもとに説話の主体を引き受けるという、文学の本質に横たわる核心が浮かび上がってくる。李香蘭、立原正秋、中上健次、松田優作、帷子燿(かたびらあき)、はてまたプルースト、パゾリーニ、「パッチギ」等をマラーノ性から縦横に論じ、新ジャンルを提唱する超意欲作。

このページのトップへ

関連書籍

翻訳と雑神

翻訳と雑神

朝鮮民謡と翻訳者の使命

著者:四方田 犬彦
 
 

このページのトップへ