ホーム > 語りかける花

語りかける花

語りかける花

語りかける花の声をきき、その色をいただく、敬虔で清雅な生き方、美しい色に生命をかける染織家の情熱と強靱な心意気。

著者 志村 ふくみ
ジャンル 文学 > 日本文学・文芸評論 > 日本文学エッセー
出版年月日 1992/01/01
ISBN 9784409160589
判型・ページ数 A5・240ページ
定価 本体2,700円+税
在庫 在庫あり
 

内容説明

京都嵯峨野に住み、草木の精を糸に染め、自然のたたずまいを織に写し、この世のものとも思えない作品を生み出している染織家のエッセイ集。語りかける花の声をきき、その色をいただく、敬虔で清雅な生き方、美しい色に生命をかける情熱と強靱な心意気。

日本エッセイスト・クラブ賞受賞。

このページのトップへ

関連書籍

薔薇のことぶれ

薔薇のことぶれ

詩人の一面に初めて迫る

著者:志村 ふくみ
 
晩禱

晩禱

湧きおこる熱い思いと果てのない祈り

著者:志村 ふくみ
 
 
白夜に紡ぐ

白夜に紡ぐ

エッセイの名手による珠玉の書き下ろし

著者:志村 ふくみ
 
 

このページのトップへ