ホーム > スピリチュアリティといのちの未来

スピリチュアリティといのちの未来

スピリチュアリティといのちの未来

現代世界がかかえる科学と宗教の問題、自然と人間の新しい関係の模索!

著者 島薗 進
永見 勇
ジャンル 思想
人類学 > 文化論
出版年月日 2007/01/01
ISBN 9784409040850
判型・ページ数 A5・420ページ
定価 本体3,800円+税
在庫 在庫あり
 

目次

プロローグ 二一世紀の人類社会の危機に向き合う :危機の時代における科学と宗教――生命の価値と文化の差異  島薗進/目の見えない人は見え、足の不自由な人は歩く  ジャック・マイルズ

1 先端生命科学と人体改造
(1)いのちの選別:いのちの選別――フェミニスト宗教学の視点から  岡野治子/いのちの選別のゆくえ――テクノロジカル・インペラティブがもたらしたもの  白井泰子
(2)エンハンスメントの是非:エンハンスメント(増強的介入)と<人間の弱さ>の価値  松田 純/生物医学的人体増強テクノロジー――ヒューマニズムとポスト・ヒューマニズムを超えて  ジェラルド・マッケニー/ユートピアの誘惑を拒絶する――研究、その論理的説明、そして、ハンス・ヨナス
(3)先端生命科学とスピリチュアリティ:幹細胞、そしてエンボディメント(身体化)の意味  ウィリアム・ハールバット/世界があり、そして世界の地図がある――基礎研究の倫理学  ローリー・ゾロス/科学と社会的価値  ルードヴィヒ・ジープ

2 自然と人間の新たな関係
(1)自然改造の限界:宗教とエコロジー――高まりつつある協調  マリー・タッカー/自然を操作・改造する  エリザベス・ブラボー
(2)いのちの有限性と生命科学:一つの山に通じる多くの道――形質転換の科学への統合的アプローチ  カサンドラ・ヴィーテン  ティナ・アモロック  マリリン・シュリック/いのちの有限性と生命科学  徳永史生
(3)宗教の危機と新たなパラダイムの可能性:修行・倫理・科学――多様な文化で共有可能な価値観の創出  ドン・ジョンソン/宗教の危機をめぐって――オウム真理教事件と九・一一事件の以降の宗教意識  渡辺 学/枠組みの拡大――技術から宗教を、科学から神学を取り戻す  ラスタム・ロイ

エピローグ 公共的合意を求めて:公共的合意を求めて――命に対する科学と宗教の対応を巡って  永見勇/おわりに  永見勇

このページのトップへ

内容説明

20世紀の最後の四半世紀以来、「宗教」でもなく「科学的合理主義」でもなく、その対立や棲み分けを超える地点に新たなスピリチュアリティ(霊性)の可能性が目覚めている。それは人間が地球の生命を支配するのではなく、自らがおおきな「いのち」の営みの中にあるという自覚にほかならない。いのちの選別、その有限性、人体改造の是非、自然改造の限界、etc.危機の時代の科学と宗教をめぐって、哲学、倫理、宗教、医学、生物学、心理学ほか諸学を横断するさまざまな提言を集約した意欲の論集。

このページのトップへ

関連書籍

スピリチュアリティの現在

スピリチュアリティの現在

21世紀の人間理解に不可欠な霊性の問題

著者:湯浅 泰雄
 
 

このページのトップへ