ホーム > 中味のない人間

中味のない人間

中味のない人間

アガンベン思想の原点、幻の処女作

著者 ジュルジョ・アガンベン
岡田 温司 他訳
ジャンル 思想 > 海外思想
出版年月日 2002/12/01
ISBN 9784409030691
判型・ページ数 4-6・240ページ
定価 本体2,400円+税
在庫 在庫あり
 

目次

このうえなく不気味なもの/フレンホーフェルとその分身/趣味人と分裂した弁証法/驚異の部屋/「詩についての判断は詩よりも価値がある」/自己を無にする無/剥奪は顔貌(かんばせ)のごとく/ポイエーシスとプラクシス/芸術作品の根源的構造/メランコリーの天使

このページのトップへ

内容説明

昨年暮に初来日を果たし、その講演がNHKでも放映された注目のイタリア現代思想家アガンベン。すでに『アウシュヴィッツの残りもの』(月曜社)、『スタンツェ』(ありな書房)、『人権の彼方に』(以文社)などの邦訳書があるが、その代表作『ホモ・サケル』や『到来する共同体』などの翻訳書が相次いで刊行されるという。来日の折には、その独自の生政治学――もちろん、主権の危機と生政治とが過去二世紀のあいだにリンクしてきたというフーコーのテーゼを踏まえたうえで――の立場から、内戦をはじめとする現代世界情勢に対する鋭い分析をわれわれの前に披露してくれた。かくいうほどに、アガンベンの名前はどちらかというと、政治哲学に関わる発言において広く評価され、この十年ほどは生政治あるいは生権力への方向性を強めているが、その出発点となったのはほかでもない、ベンヤミンの直系ともいうべき、美学ないしは詩学をめぐる理論的かつ歴史的な考察である。ムージルの『特性のない男』をもじったタイトルをもつ本書はその成果を充填したもの。「処女作にはその作家のすべてが詰まっている」との言葉どおり、いまにまで続くアガンベンの問題意識のすべてがこの一冊にある。アガンベンの総体を論じる詳細解説を付す。

このページのトップへ

関連書籍

逃走の権利

逃走の権利

現代移民研究の第一人者による力作

 
イメージの根源へ

イメージの根源へ

思考のイメージ論的転回

著者:岡田 温司
 
 

このページのトップへ