ホーム > 文化の窮状

文化の窮状

二十世紀の民族誌学、文学、芸術

文化の窮状

はじめて「文化」概念の再考を提起した名著、一大解説を付して待望の完訳

著者 ジェイムズ・クリフォード
太田 好信 他訳
ジャンル 思想 > 海外思想
人類学
シリーズ 叢書・文化研究 
出版年月日 2003/01/01
ISBN 9784409030684
判型・ページ数 A5・580ページ
定価 本体6,000円+税
在庫 在庫僅少
 

目次

序章 純粋なものは、狂ってしまう
第一部 言説
民族誌の権威について/民族誌における権力と対話――マルセル・グリオールのイニシエーション/民族誌的自己成型――コンラッドとマリノフスキー

第二部 転置
民族誌的シュルレアリスムについて/転置の詩学――ヴィクトル・セガレン/君の旅について話してくれ――ミシェル・レリス/新語のポリティクス――エメ・セゼール/植物園――ポストカードより

第三部 収集
部族的なものと近代的なものの歴史/芸術と文化の収集について

第四部 歴史
『オリエンタリズム』について/マシュピーにおけるアイデンティティ

原注/訳注

往還する時間  ジェイムス・クリフォードへのインタヴュー
解説 批判的人類学の系譜(太田好信)

このページのトップへ

内容説明

これまで一般的に信じられてきた文化概念では、グローバルな移動が日常になっている現代世界を理解することはもはやできなくなっている。脱植民地化の過程において、文化の諸断片はただよい、根を断たれたアイデンティティにこの世界はみたされてしまった。そこでは忘れたはずの植民地主義の遠い記憶が、突如として現在生起しつつある事態と結びついてしまう。脱植民地化の時間は往還する時間なのである。では空間的にも、時間的にも錯綜している現代世界を把握するためにどのような方途があるのだろうか。著者クリフォードは文化概念そのものの変更を主張する。「有機的な一体性をもち、ある土地に根ざした固有のもの」という硬直した文化概念を捨てること。純粋で真正な文化などもはやありえないことを知り――それを嘆くのではなく――、断片的で混淆した文化のありようを評価し、根(ルーツ)をなくしたものの経路(ルーツ)をたどること。こうすることで、これまでとは違った世界が見えてくる。原書刊行からすでに10年以上を経過しているが、その衝撃力はいまだ衰えていない。熱讃者は後を絶えず、引用・言及される頻度や範囲においても第一級の基本文献といえる。【叢書 文化研究】の続編として、日本でクリフォード的実践をおこなう第一人者による最新インタヴューと超力作解説を付して万全の構えで刊行する。

このページのトップへ

関連書籍

民族誌的近代への介入

民族誌的近代への介入

好評既刊の増補版

著者:太田 好信
 
亡霊としての歴史

亡霊としての歴史

人類学再想像とその未来に向けた真摯な思考

著者:太田 好信
 
 
人類学の周縁から

人類学の周縁から

クリフォード思想の来歴と全体を凝縮する

 
 

このページのトップへ