ホーム > 道教と日本文化 新装版

道教と日本文化 新装版  新刊

道教と日本文化 新装版

日本文化に深く刻まれた道教の軌跡を、仏教とも関連させつつ考察した画期的労作

著者 福永 光司
ジャンル 宗教
歴史 > 日本史
歴史 > 東洋史
出版年月日 2018/09/20
ISBN 9784409520727
判型・ページ数 4-6・254ページ
定価 本体2,800円+税
在庫 在庫あり
 

目次

日本の古代史と中国の道教――天皇の思想と信仰を中心として

日本古代の神道と中国の宗教思想

八角古墳と八稜鏡――古代日本と八角形の宗教哲学

聖徳太子の冠位十二階――徳と仁・礼・信・義・智の序列について

山上憶良と病気――日本古代の道教医学

平安時代の道教学

風に乗る仙人

中江藤樹と神道

江戸期の老荘思想

益軒の『養生訓』と梅園の『養生訓』

三浦梅園と『荘子』と陶弘景

三浦梅園と道教

岡倉天心と道教

日本人と老荘思想

「木鶏」の哲学――名横綱双葉山によせて

『観音経』と道教――日本人の観音信仰によせて

京都と大陸の宗教文化

道教の研究と私――あとがきにかえて

このページのトップへ

内容説明

老・荘・易の三玄の学を基底におく中国宗教思想史の実証的な研究をふまえ、古代の天皇信仰や神道思想、陰陽道、医術薬学から明治の岡倉天心の宗教哲学にいたるまで、日本文化に深く刻まれた道教の軌跡を、仏教とも関連させつつ考察した画期的労作。

初版1982年

このページのトップへ

関連書籍

「馬」の文化と「船」の文化 新装版

「馬」の文化と「船」の文化 新装版

壮大な日・中文化論

著者:福永 光司
 
道教と古代日本 新装版

道教と古代日本 新装版

道教と日本文化の密接な関連を照明

著者:福永 光司
 
 

このページのトップへ