ホーム > 明日の前に

明日の前に  新刊

後成説と合理性

明日の前に

超越論的なものは、新たな生を開始する

著者 カトリーヌ マラブー
平野 徹
ジャンル 哲学
出版年月日 2018/06/30
ISBN 9784409030981
判型・ページ数 4-6・370ページ
定価 本体3,800円+税
在庫 在庫あり
 

目次

はじめに

序論

第一章 『純粋理性批判』のパラグラフ27

第二章 懐疑的態度におちいるカント読解

第三章 発生と後成的作用の差異

第四章 カントの「最小の前成説」

第五章 胚、種、種子

第六章 「新懐疑論」的テーゼとその進化

第七章 後成説からエピジェネティクスへ

第八章 暗号(コード)から書物へ

第九章 還元しがたきフーコー

第十章 時間、まったき問い

第十一章 〈一致〉はない

第十二章 袋小路のなかで

第十三章 合理性の後成的パラダイムに向けて

第十四章 超越論的なものを放棄することはできるのか

結論

訳者あとがき
参考文献
人名索引

このページのトップへ

内容説明

超越論的なものは、新たな生を開始する

カント以降の哲学を相関主義として剔抉し、哲学の〈明日〉へ向かったメイヤスーに対し、現代生物学の知見を参照しつつカント哲学の読み直しを試みた注目作。理性のあらゆる経験に先立つとされるアプリオリなものは、もはや役立たずの概念なのか。遺伝子と環境のかかわりを探求するエピジェネティクスを手掛かりに、カントに、そして哲学そのものに新たな力を賦活する。

「形而上学の脱構築よりも、そして認知論よりも根源的であろうとする思弁的実在論を、どう位置づけるべきなのか。一連の大転換のなかでカント哲学は、そして哲学それ自体は、どうなるのか。哲学の近年の情景を俯瞰しながら、こうした問いへの答えをつくりあげることは、私には重要だと思われた。この情景を彩ることになる主たるカント読解は、時間、思考と脳の関係、世界の偶然性という三つの問いにかかわっている。」(本書より)

***

編集部の確認ミスにより、初版第1刷にて以下の間違いがありました。申し訳ございません。

・244頁、7行目、「後世説」→「後成説」
・352頁、5行目、「と迅速な仕事ぶりで訳者を支えて」をトル

このページのトップへ