ホーム > 灰色のユーモア

灰色のユーモア  新刊

私の昭和史

灰色のユーモア

一九三八年、京都の片隅で、その大学教員は治安維持法違反で逮捕された。特高の取り調べを受ける日々をコミカルに綴った名著の新編。

著者 和田 洋一
鶴見 俊輔 解説
保阪 正康 解説
ジャンル 歴史 > 日本史
出版年月日 2018/02/28
ISBN 9784409520697
判型・ページ数 4-6・304ページ
定価 本体2,500円+税
在庫 在庫あり
 

目次

Ⅰ 灰色のユーモア

プロローグ

第一章
とうとうやってきた/留置場というところ/治安維持法違反?/同志社との縁がきれる

第二章
永島孝雄のこと、スパイのこと/朝鮮人/人民シェンシェン/若い女性容疑者/私のことが右翼の新聞に/〝クウトベ〟/意図

第三章
下鴨から太秦へ/ミュンヒェン会談/退屈/たたかわなかったということ/さまざまなお客/検事の取調べ開始/母/いよいよお別れ

第四章
未決囚の苦痛/冬から夏へ/予審・潜在意識

第五章
判決/保護観察・就職/転向/『世界文化』のこと/新聞社・ドイツ大使館


Ⅱ 私の昭和史

昭和初期の政治風景―山本宣治と水谷長三郎
労働農民党・水谷長三郎の当選/〝ダラ幹〟の語感と意味/「山宣ひとり孤塁を守る」/「許してやれ!」と「許さん!」

『世界文化』とトーマス・マン
一九三五~三七年―ファシズムと反ファシズムの時代/反ファシズム―トーマス・マンと『世界文化』/アンドレ・ジッドの『ソビエト訪問記』/トーマス・マンをどう扱ったか/〝亡命〟か〝国外移住〟か

太平洋戦争下の抵抗―明石順三の『灯台社』を中心に
戦時下抵抗と世代/革命と抵抗/宗教団体『灯台社』の抵抗/さまざまな抵抗の形/小山宗佑と桐生悠々

終戦の年、敗戦の年
〝終戦〟という表現/独逸文化研究所の思い出/敗戦まぢかのころ/玉音、そして……


Ⅲ スケッチ風の自叙伝

父と子/私にとってのキリスト教/入学・落第・特別及第/大正リベラリズム/大学生としての三年間/ドイツ語を教えながら/戦争がおわるまでの期間/戦後


亡命について 鶴見俊輔




註解 保阪正康

このページのトップへ

内容説明

悪法の時代をどう生き抜くか

1938年、京都の片隅で、その大学教員は治安維持法違反で逮捕された。クリスチャンながら共産主義を疑われ、特高の取り調べを受ける日々をコミカルに綴った表題作ほか、昭和史の核心を突くエッセイ群を収録。共謀罪成立の数年後を予兆する名著の新編。[解説=鶴見俊輔/保阪正康]

このページのトップへ

関連書籍

朝鮮文化史

朝鮮文化史

英国の泰斗がとらえた独自なる文化の全体像

 
1941 決意なき開戦

1941 決意なき開戦

アジア・太平洋賞受賞作(特別賞)

著者:堀田 江理
 
 
天皇制と民主主義の昭和史

天皇制と民主主義の昭和史

象徴天皇制の成立とその展開に迫る

著者:河西 秀哉
 
書店と民主主義

書店と民主主義

「紙の本」の危機は民主主義の危機である

著者:福嶋 聡
 
 
戦艦大和講義

戦艦大和講義

戦艦大和は神である

著者:一ノ瀬 俊也
 
戦争と平和 ある観察

戦争と平和 ある観察

戦後70年、神戸の震災から20年

著者:中井 久夫
 
 
「聖戦」の残像

「聖戦」の残像

歴史社会学の濃密なエッセンス

著者:福間 良明
 
 

このページのトップへ