ホーム > 四方対象

四方対象  新刊

オブジェクト指向存在論入門

四方対象

新時代の存在論

著者 グレアム ハーマン
岡嶋 隆佑 監訳
山下 智弘
鈴木 優花
石井 雅巳
ジャンル 哲学
出版年月日 2017/09/26
ISBN 9784409030943
判型・ページ数 4-6・240ページ
定価 本体2,400円+税
在庫 在庫あり
 

目次

英語版への序文

はじめに

第一章 解体と埋却
第二章 感覚的対象
第三章 実在的対象
第四章 さらにハイデガーについて
第五章 間接因果
第六章 ハイデガーの四方界
第七章 新しい四方界
第八章 様々な水準と魂
第九章 存在地誌
第一〇章 思弁的実在論

監訳者あとがき
索引

このページのトップへ

内容説明

新時代の存在論

思弁的実在論とともに現代哲学の新潮流をなすオブジェクト指向存在論、その第一人者による入門書の決定版。

 「本書は、私の頭をここ二〇年占めてきた馴染みの思想と、今後の二〇年占めるであろう馴染みのない思想の双方の完全な縮図となっている」(本書より)

序文・はじめに(PDF)→

このページのトップへ

関連書籍

プロトコル

プロトコル

デジタル社会のハードコアを捉えた衝撃作

 
 
有限性の後で

有限性の後で

人文学を揺るがす思弁的実在論

 
社会の新たな哲学

社会の新たな哲学

注目の思想家が挑む新しい社会実在論

 
 
現代思想の転換2017

現代思想の転換2017

新時代への思想のシフトはもう始まっている

著者:篠原 雅武
 
 

このページのトップへ