ホーム > 笑いオオカミ

笑いオオカミ  新刊

笑いオオカミ

少年は死んだ男の娘を連れて旅に出た。生を奪われた無数の子どもたちに想いを馳せ描く冒険譚

著者 津島 佑子
柄谷 行人 解説
ジャンル 文学 > 日本文学・文芸評論 > 日本文学フィクション
シリーズ 津島佑子コレクション
出版年月日 2018/06/30
ISBN 9784409150337
判型・ページ数 4-6・440ページ
定価 本体3,400円+税
在庫 在庫あり
 

目次

笑いオオカミ
犬と塀について

解説 柄谷行人

このページのトップへ

内容説明

シベリアが見えるところまで

父と墓地に暮らす少年は、ある夜、男女の心中を目撃した。数年後、少年は死んだ男の娘を連れて列車の旅に出る。二人の眼に映る、敗戦下の日本とは。生を奪われた無数の子どもたちに想いを馳せ描く冒険譚。

◎単行本未収録「犬と塀について」併録

津島佑子に飛躍をもたらしたのは、彼女が安吾の作品に見出した「ひんやりとした、熱い風」である。
それこそが「兄」である。以後、津島佑子はこの「兄」に連れられて、オオカミ=遊動民の旅に出たのである。
―柄谷行人「津島佑子とオオカミ」より

このページのトップへ

関連書籍

ダスクランズ

ダスクランズ

暴力の甘美と地獄を描く、驚愕のデビュー作

 
ナラ・レポート

ナラ・レポート

母さん、あの大仏をこわしてよ!

著者:津島 佑子
星野 智幸 解説
 
 
大いなる夢よ、光よ

大いなる夢よ、光よ

「タマシイ」の音符

著者:津島 佑子
堀江 敏幸 解説
 
夜の光に追われて

夜の光に追われて

生きることの核心

著者:津島 佑子
木村 朗子 解説
 
 
悲しみについて

悲しみについて

人の声、母の歌

著者:津島 佑子
 
 

このページのトップへ