ホーム > 大いなる夢よ、光よ

大いなる夢よ、光よ  これから出る本

大いなる夢よ、光よ

囚われなき情愛を通じて、人生を再び歩み始めるまでの道程を描く傑作

著者 津島 佑子
ジャンル 文学 > 日本文学・文芸評論 > 日本文学フィクション
シリーズ 津島佑子コレクション
出版年月日 2017/12/11
ISBN 9784409150313
判型・ページ数 4-6・384ページ
定価 本体3,200円+税
在庫 未刊・予約受付中
 

目次

光輝やく一点を
大いなる夢よ、光よ

「タマシイ」の音符 堀江敏幸

このページのトップへ

内容説明

息子を見失ったその人は、それでも夢をたゆたい記憶を辿りながら、共に過ごした時間のあの喜びを見届けてくれる存在を求めつづけた。囚われなき情愛を通じて、人生を再び歩み始めるまでの道程を描く傑作。

自分の記憶が他者の記憶に入り交じり、結果として、もっと大きな自分を育てる力になる。
「タマシイ」の真の浮遊を保つために必要なのは、光をも飲み込む言葉の重力だ。
『大いなる夢よ、光よ』には、その重力の働く一点が、確実に示されている。
―堀江敏幸 「「タマシイ」の音符」より

このページのトップへ

関連書籍

ダスクランズ

ダスクランズ

暴力の甘美と地獄を描く、驚愕のデビュー作

 
ナラ・レポート

ナラ・レポート

未踏の日本文学

著者:津島 佑子
 
 
笑いオオカミ

笑いオオカミ

敗戦下の冒険譚

著者:津島 佑子
 
夜の光に追われて

夜の光に追われて

生きることの核心

著者:津島 佑子
 
 
悲しみについて

悲しみについて

人の声、母の歌

著者:津島 佑子
 
 

このページのトップへ