ホーム > 夜の光に追われて

夜の光に追われて  新刊

夜の光に追われて

平安時代の王朝物語「夜の寝覚」の作者と共に、人間の幸福の意味を問いかける名著

著者 津島 佑子
ジャンル 文学 > 日本文学・文芸評論 > 日本文学フィクション
シリーズ 津島佑子コレクション
出版年月日 2017/09/30
ISBN 9784409150306
判型・ページ数 4-6・372ページ
定価 本体3,000円+税
在庫 在庫あり
 

目次

夜の光に追われて

生きることの核心 木村朗子

このページのトップへ

内容説明

あなたはなぜ書いたのか、一人で子を成す孤独を。あなたも知っていたのか、子を奪われる苦しみを。千年の時を超え、平安時代の王朝物語「夜の寝覚」の作者とともに、人間の幸福の意味を問いかける名著。

津島文学にとっての「子どもの死」とは、文学によって思いめぐらすべき、文学としての問いかけなのである。
したがってそれは、もはや津島佑子という一人の人間の個人的な体験に還元されるべきものではない。
人間の存在への、あるいは生きることについての問いなのである。
―木村朗子「生きることの核心」より

このページのトップへ

関連書籍

ダスクランズ

ダスクランズ

暴力の甘美と地獄を描く、驚愕のデビュー作

 
ナラ・レポート

ナラ・レポート

未踏の日本文学

著者:津島 佑子
 
 
笑いオオカミ

笑いオオカミ

敗戦下の冒険譚

著者:津島 佑子
 
大いなる夢よ、光よ

大いなる夢よ、光よ

「タマシイ」の音符

著者:津島 佑子
 
 
悲しみについて

悲しみについて

人の声、母の歌

著者:津島 佑子
 
 

このページのトップへ