ホーム > 戸籍と無戸籍

戸籍と無戸籍  新刊

「日本人」の輪郭

戸籍と無戸籍

無戸籍者の歴史的変遷を辿り「日本人」の輪郭を改めて捉え返す労作

著者 遠藤 正敬
ジャンル 社会 > 社会問題
出版年月日 2017/05/20
ISBN 9784409241172
判型・ページ数 4-6・380ページ
定価 本体4,200円+税
在庫 在庫あり
 

目次

序章 「無戸籍」とは何か
第一章 戸籍の役割とは何か―届出によってつくられる身分
第二章 「無戸籍」という意味―「日本人」の証明なき「日本人」
第三章 無戸籍の来歴―古代から近世まで
第四章 近代日本戸籍の成立とその背反者
第五章 家の思想と戸籍―「皇民」の証として
第六章 「社会問題」としての無戸籍問題
第七章 無戸籍となった越境者―移民、戦争、戸籍
第八章 無戸籍者が戸籍をつくる方法―「日本人」の資格とは
第九章 「無戸籍」と「無国籍」―「籍」という観念
第一〇章 戸籍がないと生きていけないのか―基本的人権と戸籍
終章 戸籍がなくても生きられる社会へ

このページのトップへ

内容説明

近代日本において無戸籍者の存在は、家制度をはじめ徴兵、治安、福祉などに関わる政治・社会問題であると同時に、移民、引揚げに関わる国際問題であった。そして現代では家族生活の多様化に伴い、戸籍の必要性そのものが問われている。無戸籍者の歴史的変遷を辿り「日本人」の輪郭を改めて捉え返す労作。

このページのトップへ

関連書籍

貧困と自己責任の近世日本史

貧困と自己責任の近世日本史

日本史像の刷新を試みる

著者:木下 光生
 
生活の中の植民地主義

生活の中の植民地主義

韓国、台湾、日本の日常生活にみるその痕跡

 
 
大東亜共栄圏の文化建設

大東亜共栄圏の文化建設

近代の超克 多面的にその実相に迫る

著者:池田 浩士
 
アジアの思想史脈

アジアの思想史脈

アジアにおける思想空間 

著者:山室 信一
 
 
アジアびとの風姿

アジアびとの風姿

アジアにおける人びとの旅路

著者:山室 信一
 
複合戦争と総力戦の断層

複合戦争と総力戦の断層

遠き戦火、認識の空白をいま解き明かす

著者:山室 信一
 
 
グローバリゼーションと植民地主義

グローバリゼーションと植民地主義

いま、あえて植民地主義概念を問い直す試み

 
 

このページのトップへ