ホーム > アジアの思想史脈

アジアの思想史脈  新刊

空間思想学の試み

アジアの思想史脈

交響するアジアの思想 ここに伝えてほしい思想がある 日清・日露から安重根事件、韓国併合、辛亥革命、満洲国まで

著者 山室 信一
ジャンル 思想
歴史
シリーズ 近現代アジアをめぐる思想連鎖
出版年月日 2017/04/20
ISBN 9784409520659
判型・ページ数 4-6・376ページ
定価 本体3,400円+税
在庫 在庫あり
 

目次

はじめに

Ⅰ 思想連鎖への道
第一章 史料に導かれて---連鎖視点への歩み
 一 欧米から日本へ、そして大衆演芸へ
 二 日本からアジアへ、そして思想の環へ
 三 関西館とアジア情報の収集・発信
 
第二章 満洲国が語りかけるもの
 一 「アジア」とのめぐりあい
 二 共同研究の恩恵
 三 満洲国と戦後日本
 四 近代日本と空間アジア

Ⅱ 空間アジアと思想連鎖

第三章 夢の世に、夢を追って---宮崎滔天『三十三年の夢』の思想史脈
 一 落花の歌--「挫折」と「懺悔」
 二 孫文と宮崎滔天---「東亜の珍宝」と「抱負凡ならず」
 三 宮崎八郎---「自由は天真」
 四 宮崎民蔵と弥蔵---「百姓の使者」と「革命の羅針盤」
 五 ツチと龍介---「救って行く義務」
 六 「民権」と「国権」そして「奇」と「怪」
 七 「狂」「侠」そして「個人」と「アジア」
 八 副島種臣・曾根俊虎---中国問題の先達
 九 共有される夢---「中国革命」と「世界革命」
 一〇 アジアは欧米にもある---大亜細亜主義の真義
 一一 人を結ぶ力---中国革命への立ち位置
 一二 そこに書かれていないこと
 一三 心に病むところ---「小節」と「偉業」
 一四 任侠の精神は過ぎ去りぬ---「志操」と「現実主義」
 一五 「百年後の日本」--理想を許さぬ国

第四章 連鎖視点からみる辛亥革命と日本---アジアの「革命」史脈
 一 交差する眼差し
 二 東アジアにおける革命潮流
 三 辛亥革命の革命性をめぐって
 四 辛亥革命と明治日本 空間アジアと思想連鎖
 五 革命の衝撃と維新の連鎖
 六 アジアの「革命」史脈

第五章 空間アジアを生み出す力----境界を跨ぐ人々の交流
 一 はじめに
 二 日本におけるアジアへの視圏の広がり
 三 日本に対するアジアからの眼差しの変転
 四 おわりに

第六章 東アジアにおける共同体と空間の位相----「環地方学」からアジアを問い返す
 一 イコン(聖像)化される言説の命運
 二 東アジア共同体論の推移
 三 「環地方」としてのアジア
 四 普遍と特性の「一元不二」

Ⅲ 平和思想の史脈

第七章 日本の非暴力思想の史脈とその展開 
 一 「非暴力」とは何か
 二 幕末・明治前期の非暴力思想
 三 日清・日露戦争と非戦論
 四 「非暴力の社会」を求めて
 五 日本国憲法の非暴力思想とその展開
 六 持続する志操の先へ

第八章 安重根・未完の「東洋平和論」---その思想史脈と可能性について
 一 二つの日記から
 二 評価の対極性のかなたに
 三 東アジアからの視点
 四 「東洋平和論」への道
 五 二つの「東洋平和」
 六 「東洋平和論」の理論構成
 七 「白鳥の歌」----書かれざる「東洋平和論」の意義

第九章 正岡子規・四百年後の夢---理想を紡ぎ出す力

Ⅳ 学知と外政―井上毅の日本とアジア

第一〇章 日本の国民国家形成と国学知の思想史脈
 一 平準化と固有化の相反ベクトル
 二 国民国家形成における泰西主義と啓蒙主義
 三 国家形成と国学知の領域
 四 国民形成と国学知の機能
 五 井上毅における国学知の位相
 六 国学知の特性と意義----ナショナリティの探求
 七 国学知から空間学知へ
 
第一一章 井上毅の国際認識と外政への志向
 一 井上毅の人となりと世評
 二 外政への志向と対清交渉
 三 宗藩関係と朝鮮中立化構想
 四 主体的思考と選択的思考

 
第一二章 後ろを見る眼---歴史を学ぶということ
 一 後ろから押す力
 二 様々な人生を自らの中へ
 三 事実の断片を繋ぐ視点と空間認識
 四 歴史を受け継ぎ、伝え、応答する責任

あとがき

索 引

 




このページのトップへ

内容説明

日清・日露戦争から安重根事件、韓国併合、辛亥革命、満洲国まで---日本を結節点として、アジアは相互に規定しあいながら近代化をすすめた。近代日本の国家デザインは、どのように描かれ国民国家形成がなされたのか? 戦争の世紀に抗して芽生え受け継がれてきた平和思想の水脈とは? アジアであるとは何なのか、そして未来へアジアはどう連携していくのか。グローバルな視点のなかにアジアの思想と空間を問い直し、境界と想像を越えた思想のつながりを描き出す。

同時刊行 『アジアびとの風姿』

★著者のメッセージ

境界と想像を越える、思想のつながり

探りあてられた地下水脈は、いま私たちの足下をながれる

思想不毛といわれる時代、「知る悦び」を知る人に捧ぐ

このページのトップへ

関連書籍

PANA通信社と戦後日本

PANA通信社と戦後日本

アジア人による、アジアのための通信社

著者:岩間 優希
 
戸籍と無戸籍

戸籍と無戸籍

歴史的変遷を辿る労作

著者:遠藤 正敬
 
 
複合戦争と総力戦の断層

複合戦争と総力戦の断層

遠き戦火、認識の空白をいま解き明かす

著者:山室 信一
 
アジアびとの風姿

アジアびとの風姿

アジアにおける人びとの旅路

著者:山室 信一
 
 
大東亜共栄圏の文化建設

大東亜共栄圏の文化建設

近代の超克 多面的にその実相に迫る

著者:池田 浩士
 
アフリカを活用する

アフリカを活用する

フランスの植民地へのまなざし

著者:平野 千果子
 
 
隣人が敵国人になる日

隣人が敵国人になる日

忘れられた東部戦線

著者:野村 真理
 
戦争のるつぼ

戦争のるつぼ

理念の戦争の劫火が鋳出したアメリカとは?

著者:中野 耕太郎
 
 
捕虜が働くとき

捕虜が働くとき

敵国のために働くとは?

著者:大津留 厚
 
戦う女、戦えない女

戦う女、戦えない女

愛国熱と制服フィーバーの時代

著者:林田 敏子
 
 
マンダラ国家から国民国家へ

マンダラ国家から国民国家へ

東南アジアからみた大戦の世界性

著者:早瀬 晋三
 
表象の傷

表象の傷

「戦争文化」は文学に何をもたらしたのか?

著者:久保 昭博
 
 
葛藤する形態

葛藤する形態

〈現代〉戦争はどのように表象されるのか?

著者:河本 真理
 
カブラの冬

カブラの冬

ナチスを生んだ飢餓の記憶

著者:藤原 辰史
 
 
「クラシック音楽」はいつ終わったのか?

「クラシック音楽」はいつ終わったのか?

音楽史の切断面への試論

著者:岡田 暁生
 
徴兵制と良心的兵役拒否

徴兵制と良心的兵役拒否

徴兵制と良心的兵役拒否者たちの葛藤

著者:小関 隆
 
 
シベリア抑留者たちの戦後

シベリア抑留者たちの戦後

新資料をもとに再構成し、歴史の真実に迫る

著者:富田 武
 
 

このページのトップへ