ホーム > パタゴニアの野兎 ランズマン回想録

パタゴニアの野兎 ランズマン回想録 下巻 新刊

パタゴニアの野兎  ランズマン回想録

映画『ショア』監督、クロード・ランズマンの波乱に満ちた回想録。高橋武智解説

著者 クロード ランズマン
中原 毅志
高橋 武智 解説
ジャンル 哲学
出版年月日 2016/04/10
ISBN 9784409030929
判型・ページ数 4-6・310ページ
定価 本体3,200円+税
在庫 在庫あり
 

目次

13章~21章
高橋武智解説

このページのトップへ

内容説明

サルトルやボーヴォワールと共に生きた、闘う知識人ランズマンによる自伝。

イスラエル・パレスチナ問題、アルジェリア戦争、ファノンの最期、北朝鮮女性との逢瀬、解放前の中国への旅、ポーランド政府との確執など映画『ショア』をめぐる撮影秘話…。

多彩なエピソードと、深い哲学的考察のなかにユダヤ系フランス人としての自己を問い、その波乱に富んだ人生を赤裸々に語る。時代を代表する人物との人間模様が色濃く描かれた本書は、20世紀の歴史そのものである。

このページのトップへ

関連書籍

言葉

言葉

作家はいかにして自らを創造したか?

 
 
哲学・言語論集

哲学・言語論集

批評家サルトルの魅力を余すことなく伝える

 
真理と実存

真理と実存

未訳ノート.中期思想理解のためのテクスト

 
 
自我の超越 情動論粗描

自我の超越 情動論粗描

サルトル哲学の基盤となる重要論文の改訳版

 
植民地の問題

植民地の問題

サルトルは植民地の問題をどう考えたか

 
 

このページのトップへ