ホーム > 1945 予定された敗戦

1945 予定された敗戦  新刊

ソ連進攻と冷戦の到来

1945 予定された敗戦

「ユーラシア太平洋戦争」の末期、日本では敗戦を見込んで、帝国崩壊後の東アジアをめぐる様々な分析が行われていた。その実態とは。

著者 小代 有希子
ジャンル 歴史 > 日本史
出版年月日 2015/12/30
ISBN 9784409520628
判型・ページ数 4-6・372ページ
定価 本体3,500円+税
在庫 在庫あり
 

目次

序 章 「ユーラシア太平洋戦争」と日本

第1章 アメリカより身近な隣国―戦前日本のソ連認識
ユートピアの夢
希望の国、ソ連
ソ連との同盟
アジアの一員としてのロシア人
日本社会のアメリカ人
日本社会のロシア人
大東亜共栄圏とロシア人

第2章 毛沢東の魅力?―日本の中国評価
中国共産党研究
日本軍による評価
モスクワと延安の不協和音
延安承認へ

第3章 「半島」の後継者は誰か―日本の朝鮮観察
朝鮮独立運動と共産主義
朝鮮をめぐる米ソ中の思惑―一九四四年

第4章 終戦への方途―米ソ不仲への注目
ソ連との外交ゲーム
「和平打診者」とアメリカ
モスクワとワシントンの不協和音

第5章 対米戦の終結方法―北上する米軍、南下するソ連軍
実現不可能な二正面作戦
終戦の始まりとしての朝鮮作戦

第6章 日本の降伏と植民地帝国の崩壊
「黙殺」から降伏へ―最後の二〇日間
ソ連の参戦とアメリカの原爆投下
大日本帝国の崩壊

第7章 消えた「戦争と終戦」の記憶について
日本人が見た戦争の終結とその後
「日本の戦争史」の変遷


終 章 「ユーラシア太平洋戦争」理解のために


あとがき

このページのトップへ

内容説明

「ユーラシア太平洋戦争」の末期、日本では敗戦を見込んで、帝国崩壊後の世界情勢をめぐる様々な分析が行われていた。ソ連の対日参戦が、中国での共産党の勝利が、朝鮮支配をめぐる米ソの対立が予測され、そしてアメリカへの降伏のタイミングが、戦後日本の生存を左右することも知られていた。アメリカ主導の「太平洋戦争史観」を超え、アジアにおける日ソ戦争の焦点化にまで取り組んだ野心作。

著者サイト http://www.geocities.jp/koshirosroom/jp/index.html

このページのトップへ

関連書籍

1941 決意なき開戦

1941 決意なき開戦

なぜ挑んだのか、「勝ち目なき戦争」に?

著者:堀田 江理
 
書店と民主主義

書店と民主主義

「紙の本」の危機は民主主義の危機である

著者:福嶋 聡
 
 
戦争と平和 ある観察

戦争と平和 ある観察

戦後70年、神戸の震災から20年

著者:中井 久夫
 
複合戦争と総力戦の断層

複合戦争と総力戦の断層

遠き戦火、認識の空白をいま解き明かす

著者:山室 信一
 
 

このページのトップへ