ホーム > 日本史学

日本史学  新刊

日本史学

歴史を学びたいすべての人へ

著者 保立 道久
ジャンル ブックガイド
歴史 > 日本史
シリーズ ブックガイドシリーズ 基本の30冊
出版年月日 2015/09/30
ISBN 9784409001127
判型・ページ数 4-6・200ページ
定価 本体1,900円+税
在庫 在庫あり
 

目次

はじめに

第1部 読書の初め
森浩一『わが青春の考古学』
青木和夫『奈良の都』
藤木久志『飢餓と戦争の戦国を行く』
塚本学『生類をめぐる政治』
米田佐代子『平塚らいてう』

第2部 史料の読み
岡田精司『古代祭祀の史的研究』
笠松宏至『法と言葉の中世史』
水本邦彦『近世の村社会と国家』
中村政則『労働者と農民』
武田清子『天皇観の相剋』

第3部 学際からの視野
ネリー・ナウマン『生の緒』
石橋克彦『南海トラフ巨大地震』
成沢光『政治のことば』
安藤礼二『場所と産霊』
福田アジオ『柳田国男の民俗学』
中井久夫『治療文化論』

第4部 研究書の世界
津田左右吉『日本古典の研究』
平川南『律令国郡里制の実像』
黒田俊雄『権門体制論』
網野善彦『日本中世に何が起きたか』
朝尾直弘『将軍権力の創出』
安田浩『天皇の政治史』
吉見義明『草の根のファシズム』
曽根ひろみ『娼婦と近世社会』

第5部 研究基礎:歴史理論
石母田正『中世的世界の形成』
峰岸純夫『日本中世の社会構成・階級と身分』
佐々木潤之介『江戸時代論』
遠山茂樹『明治維新』
豊見山和行編『琉球・沖縄史の世界』
榎森進『アイヌ民族の歴史』

このページのトップへ

内容説明

考古学から現代史まで、時代と分野を越えた画期的ガイド

歴史を学びたいすべての人へ

はじめに(PDF)→

***

本書に誤りがありました。深くお詫びいたします。

目次および124頁

(誤)『律令国郡里制の実情』

(正)『律令国郡里制の実像』

このページのトップへ

関連書籍

老いと病でみる幕末維新

老いと病でみる幕末維新

歴史学に新たな視野を切り拓く意欲作

著者:家近 良樹
 
「坂本龍馬」の誕生

「坂本龍馬」の誕生

一級の歴史エンタテイメント

著者:知野 文哉
 
 

このページのトップへ