ホーム > 戦争と平和 ある観察

戦争と平和 ある観察  新刊

戦争と平和 ある観察

戦争を二度と起こさないために、自身の戦争体験を語る。加藤陽子(歴史学者)、島田誠(元海文堂書店社長)との対談も収録

著者 中井 久夫
ジャンル 心理学 > 精神医学
歴史
出版年月日 2015/08/06
ISBN 9784409340493
判型・ページ数 4-6・208ページ
定価 本体2,300円+税
在庫 在庫あり
 

目次


戦争と平和 ある観察
戦争と個人史
私の戦争体験
【対談】 中井家に流れる遺伝子 ×加藤陽子


災害を語る
災害対応の文化
【対談】大震災・きのう・きょう 助け合いの記憶は「含み遺産」 ×島田誠

このページのトップへ

内容説明

今年は、戦後70年、神戸の震災から20年の節目の年となる。精神科医としてだけではなく文筆家としても著名な著者が、あの戦争についてどう考えどう過ごしてきたかを語る。

歴史学者の加藤陽子氏との対談では、戦争の記憶、昭和天皇のこと、日中関係など様々なことが語られる。

また、神戸の震災のときのことを振り返りつつ、東北の災害についても語る。神戸元町の老舗書店、元海文堂書店社長の島田誠氏と神戸の街と震災について語り合った対談も収録。

 

 不正な電子書籍のサイトが出回っていますが、フィッシングサイトの可能性がありますのでご注意ください。

 

このページのトップへ

関連書籍

1945 予定された敗戦

1945 予定された敗戦

日本はなにを、どこまで把握していたのか?

著者:小代 有希子
 
埋葬と亡霊

埋葬と亡霊

トラウマ概念を多様な観点から問いなおす

著者:森 茂起
 
 

このページのトップへ