ホーム > ゴーストタウンから死者は出ない

ゴーストタウンから死者は出ない  新刊

東北復興の経路依存

ゴーストタウンから死者は出ない

無人にして「死者の出ない街」が、三陸を、福島を、日本を覆う前に。

著者 小熊 英二 編著
赤坂 憲雄 編著
ジャンル 社会
社会 > 社会問題
出版年月日 2015/07/01
ISBN 9784409241028
判型・ページ数 4-6・312ページ
定価 本体2,200円+税
在庫 在庫あり
 

目次

1 ゴーストタウンから死者は出ない   小熊英二
2 変わりゆく景色のなかで   三浦友幸
3 豊かな海辺環境をつくるために   谷下雅義
4 被災自治体財政の分析   宮崎雅人
5 六年目の原発避難に向けて   市村高志
6 福島原発事故の賠償をどう進めるか   除本理史
7 再生可能エネルギーの意志ある波のゆくえ   茅野恒秀
8 支援者は地域創造の主体へと変わるのか   菅野拓
9 地域再生のため宗教に何ができるか   黒崎浩行

対談 住民主体のグランドデザインのために   赤坂憲雄 × 小熊英二

このページのトップへ

内容説明

無人にして「死者の出ない街」が、三陸を、福島を、日本を覆う前に。

大震災が徐々に忘れられる中、原発避難者には賠償の打ち切りが迫り、三陸では過疎化が劇的に進行している。だが日本には、個人を支援する制度がそもそもない。復興政策の限界を歴史的、構造的に捉え、住民主体のグランドデザインを描くための新たな試み。

 

●本文中に間違いがございました。訂正してお詫びいたします。
102頁 「写真1 根岬の風景」「写真2 津波記念碑」→左右逆配置
114頁 図5「青森 青森 青森」→「青森 岩手 宮城」

このページのトップへ

関連書籍

フクシマ6年後 消されゆく被害

フクシマ6年後 消されゆく被害

この国が隠す「チェルノブイリの真実」とは

著者:日野 行介
尾松 亮
 
脱原発の哲学

脱原発の哲学

小出裕章氏、大島堅一氏推薦

 
 
曝された生

曝された生

原子力災害の「その後」を生きる人々

 
アンチヘイト・ダイアローグ

アンチヘイト・ダイアローグ

ここで、止める。

著者:中沢 けい
 
 
東日本大震災の人類学

東日本大震災の人類学

災害に直面する被災地のエスノグラフィー

 
 

このページのトップへ