ホーム > ホロコーストと外交官

ホロコーストと外交官  新刊

ユダヤ人を救った命のパスポート

ホロコーストと外交官

杉原千畝だけじゃない。知られざるヒーローたちの救出ドラマ

著者 モルデカイ パルディール
松宮 克昌
ジャンル 歴史 > 西洋史
出版年月日 2015/06/05
ISBN 9784409510728
判型・ページ数 4-6・328ページ
定価 本体3,500円+税
在庫 在庫あり
 

目次

まえがき
序文

第1章 なぜ外交官たちか――彼らの行動の意義

第2章 ナチ・ドイツ――すべてがここから始まった
  一九三〇年代のドイツ
  フランシス・フォーリー(英国)
  ホセ・ルイス・サンタエジャ(スペイン)
  コンスタンティン・カラジャ(ルーマニア)
  ジャン=エドゥアルト・フリードリヒ(スイス)
  アラシー・デ・カルバーリョ=ギマランエス・ローザ(ブラジル)
  何鳳山(中華民国)
  エルネスト・プロドリエ(スイス)

第3章 リトアニア――キュラソー島はどこにあるのか
  ヤン・ズヴァルテンダイク(オランダ)
  杉原千畝(日本)

第4章 フランス――出国に待ったなし
  ルイス・マルチンス・デ・ソウザ・ダンタス(ブラジル)
  アリスティデス・ソウザ・メンデス(ポルトガル)

第5章 デンマーク――予期せぬ奇跡
  ゲオルク・フェルディナント・ドゥックヴィッツ(ドイツ)

第6章 ワルシャワ、ジェノヴァ、ロードス島
       ――ユーゴスラヴィア、スウェーデン、トルコの外交官
  フラニョ・プンツーフ(ユーゴスラビア)
  エーロヴ・シルグレン(スウェーデン)
  セラハッテン・ウルクメン(トルコ)

第7章 ブダペスト――黙示録
  戦前、戦中のハンガリー
  カール・ルッツ(スイス)
  ハラルト・フェラー(スイス)
  ペーター・ツルヒャーとエルンスト・フォンルフス(スイス)
  フリードリヒ・ボルン(赤十字)
  ラオル・ヴァレンベリ(スウェーデン)
  ペール・アンゲル(スウェーデン)
  カール・イヴァン・ダニエルソンとラーシュ・ベリ(スウェーデン)
  ヴァルデマル・ラングレット(スウェーデン)
  フロリアン・マノリウ(ルーマニア)
  アンヘル・サンス=ブリス(スペイン)
  ジョルジオ・ペルラスカ(イタリア)
  アンジェロ・ロッタ(バチカン)

第8章 顕彰や賞賛に値する外交官
  フランス 
  オーストリア 
  スイス 
  イタリア 
  ハンガリー 
  ギリシア 
  トルコ

第9章 結 論
  付録 諸国民の中の正義の人――人を気づかう勇気

訳者あとがき
原注
索引

このページのトップへ

内容説明

第二次世界大戦中、ユダヤ人への迫害が加速するなか、自らのキャリアや命の危険さえもかえりみずユダヤ人の脱出を助けた外交官たちがいた。彼らはナチ・ドイツのみならず、ときに自国政府の方針に背くことになっても、人道主義を貫く道を選んだ。ヨーロッパ各地の緊迫した情勢、杉原千畝をはじめとする外交官たちの苦悩や決断、行動の様が証言から活き活きと甦る。危機にさいし、自らの良心の声に耳を傾けることの大切さを説く。ホロコーストのキーワードをおさえた索引兼グロッサリー付。

序文 by リチャード・ホルブルック(米国の元外交官。ボスニア紛争において和平合意を導いたことで知られる)→Holocaust_intro.pdf

このページのトップへ

関連書籍

クレズマーの文化史

クレズマーの文化史

東欧ユダヤ人音楽の文化史を辿る

著者:黒田 晴之
 
シオニズムの解剖

シオニズムの解剖

紛争の起源としてのシオニズム

 
 
ガリツィアのユダヤ人

ガリツィアのユダヤ人

ガリツィア・ユダヤ人社会の消滅を検証

著者:野村 真理
 
虚構のナチズム

虚構のナチズム

ナチスへのあの民衆の熱狂は何故生まれたか

著者:池田 浩士
 
 

このページのトップへ