ホーム > ハイパー・インフレの人類学

ハイパー・インフレの人類学  新刊

ジンバブエ「危機」下の多元的貨幣経済

ハイパー・インフレの人類学

未曽有のインフレーションに陥ったジンバブエの人びとの日常生活、とりわけ「お金」をめぐる状況のエスノグラフィー

著者 早川 真悠
ジャンル 社会
人類学
出版年月日 2015/03/05
ISBN 9784409530498
判型・ページ数 A5
定価 本体5,400円+税
在庫 在庫あり
 

目次

はじめに
序 章 ハイパー・インフレーションの人類学的研究
第一章 ジンバブエ「危機」――歴史背景と経済状況
第二章 首都ハラレ――調査地とインフォーマント
第三章 現 金
第四章 預 金
第五章 外 貨
第六章 少額紙幣と高額紙幣
結 章 「意味」の危機
おわりに 複数通貨制へ

このページのトップへ

内容説明

2008年から2009年かけて未曽有のインフレーションに陥った南部アフリカの内陸国ジンバブエの人びとの日常生活、とりわけ「お金」をめぐる状況のエスノグラフィー。

著者は、現代経済学において「経済の解体」とされるハイパー・インフレの只中でフィールドワークを敢行し、「危機」に直面した人びとの反応と選択を生活者の視点で記述し分析した。経済人類学の先行研究では、すでに一元的な貨幣論が批判的に検討されてきたが、ジンバブエのハイパー・インフレは、「経済の解体」ではなく、まさに一元的貨幣が相対化され、多元的な貨幣状況が立ち現われた現場であった。本書は、非常に貴重なエスノグラフィーであり、一元的貨幣論に縛られた経済学への反論でもある。

このページのトップへ

関連書籍

革命キューバの民族誌

革命キューバの民族誌

もしチェが今のキューバを見たら…

著者:田沼 幸子
 
 

このページのトップへ